• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

安倍政権の「プロ野球16球団」構想をおちょくってみた

低俗な政治屋が我が発案のように

 自民党の日本経済再生本部がまとめたアベノミクスの次の一矢「日本再生ビジョン」に含まれた、プロ野球の球団を16に増やし地方活性化につなげたいという案に、賛否がかしましい。

「総理のおっしゃることはいつもパーフェクトやわあ」ともろ手を挙げて、見境なくものを言う女政調会長が本部長と聞いて、あ、こらダメだと思った。

 安倍政権は、繰り出す矢が尽きてくると次なる庶民ウケを探す。低俗な政治屋が我が発案のように総理へご注進する。それへ、この際、矢数が欲しい総理が飛び付いたのは想像に難くない。

 総理と本部長との悪乗り酒席は以下のようなものではないか?

総理「法人税も下げたことだし、企業が協力してくれて庶民が喜ぶような矢が欲しいと、おめます」

本部長「地方活性化にプロ野球使うのはどうか、という考え、私持ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る