• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

安倍政権の「プロ野球16球団」構想をおちょくってみた

低俗な政治屋が我が発案のように

 自民党の日本経済再生本部がまとめたアベノミクスの次の一矢「日本再生ビジョン」に含まれた、プロ野球の球団を16に増やし地方活性化につなげたいという案に、賛否がかしましい。

「総理のおっしゃることはいつもパーフェクトやわあ」ともろ手を挙げて、見境なくものを言う女政調会長が本部長と聞いて、あ、こらダメだと思った。

 安倍政権は、繰り出す矢が尽きてくると次なる庶民ウケを探す。低俗な政治屋が我が発案のように総理へご注進する。それへ、この際、矢数が欲しい総理が飛び付いたのは想像に難くない。

 総理と本部長との悪乗り酒席は以下のようなものではないか?

総理「法人税も下げたことだし、企業が協力してくれて庶民が喜ぶような矢が欲しいと、おめます」

本部長「地方活性化にプロ野球使うのはどうか、という考え、私持ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る