松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

安倍政権の「プロ野球16球団」構想をおちょくってみた

公開日: 更新日:

低俗な政治屋が我が発案のように

 自民党の日本経済再生本部がまとめたアベノミクスの次の一矢「日本再生ビジョン」に含まれた、プロ野球の球団を16に増やし地方活性化につなげたいという案に、賛否がかしましい。

「総理のおっしゃることはいつもパーフェクトやわあ」ともろ手を挙げて、見境なくものを言う女政調会長が本部長と聞いて、あ、こらダメだと思った。

 安倍政権は、繰り出す矢が尽きてくると次なる庶民ウケを探す。低俗な政治屋が我が発案のように総理へご注進する。それへ、この際、矢数が欲しい総理が飛び付いたのは想像に難くない。

 総理と本部長との悪乗り酒席は以下のようなものではないか?

総理「法人税も下げたことだし、企業が協力してくれて庶民が喜ぶような矢が欲しいと、おめます」

本部長「地方活性化にプロ野球使うのはどうか、という考え、私持ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る