日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

直前合宿の日本代表に暗雲…本田圭佑の“古傷”再発情報

日本代表米国合宿スタート

 成田空港発のチャーター機に乗り旅立った日本代表が30日、直前合宿地の米国タンパに着いた。

 米国滞在中の6月2日にコスタリカ代表と、6日にザンビアとテストマッチをこなして7日、ブラジルのベースキャンプ地イトゥに移動し、大会初戦コートジボワール戦(日本時間15日午前10時キックオフ)に向けて調整していく。

「ザッケローニ監督以下選手たちもリラックスした表情で機上の人となったが、実はいくつかの不安材料を抱えての米国行きなのです」と某スポーツ紙記者が続ける。

「キプロス戦で本田が機能しなかった理由として、新天地ミランでは右サイドでプレーさせられ、日本代表の定位置トップ下でのプレー勘が鈍っていた――と解説するサッカー関係者がいますが、実は古傷の右膝と左足首をセリエA終盤にムリをして痛め、それがキプロス戦の低パフォーマンスになったというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事