• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打ロッテ 緊急補強リストに載る「ロートル」と「問題児」

「複数の名前がリストアップされている。その中には、もろ刃の剣と言える選手が2人含まれています」
 ロッテの球団関係者がこう言う。

 ロッテは現在、リーグ4位。チーム打率.246の貧打が深刻な問題になっている。そこで、伊東監督が打線のテコ入れとして、「右の大砲の獲得」をフロントに要望。球団側もその希望をかなえるべく、今月に入って新外国人やトレードによる補強に動き始めた。
 冒頭の関係者が言う。
「球団は、シーズン途中の補強なので、すぐにチームに順応できるように『日本球界経験者』を中心に候補をリストアップしている。可能性の高いひとりは、ラミちゃん。もうひとりは中村紀です」

■ともにアラフォー

 ラミちゃんとは、昨年までDeNAに所属していたアレックス・ラミレス(39)。現在、独立リーグ(群馬ダイヤモンドペガサス)でプレーしている。NPB球団からオファーがあった場合は契約を解除できるとの条項があり、本人はNPB復帰にやる気満々。ロッテ側が獲得に名乗りを上げれば、年俸3000万円程度ですぐにでも話がまとまるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る