DeNA崩壊の音…中畑監督が生んだ前代未聞「造反」騒動

公開日:  更新日:

 もうメチャクチャだ。7日、巨人に2-10とボロ負けしたDeNAに勃発した造反騒動。試合前、中畑清監督(60)が6日の試合で4番を打っていた中村紀洋(40)を登録抹消し、その理由について、「(6日の試合で)チーム方針に従わない言動があった。懲罰的なところがある。それを許すとチームが機能しなくなる。責任者として処置を取るのは当然」と説明したのが始まりだった。DeNA関係者がこう言った。

「6日の試合の八回に4番の(中村)ノリが三ゴロ併殺打に倒れた。このとき、一塁走者の梶谷がスタートを切ったことに腹を立てたのです。もともとノリは自分の打席で走者を動かされることを極度に嫌う。打撃に集中できないというのです。そうはいっても、その日の巨人先発のセドンは牽制もクイックも苦手。ミーティングで<積極的にかき回していこう>と全員で確認していた。梶谷は初回に盗塁を決めてリーグトップの12盗塁。チーム盗塁数だって巨人に次いでリーグ2位の数字。<足を使う>のはチーム方針なんです。梶谷には自分の意思で盗塁していいという『グリーンライト』が与えられている。それに注文をつけたわけだから、これは采配批判にあたると二軍行きが通告されたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る