DeNA崩壊の音…中畑監督が生んだ前代未聞「造反」騒動

公開日: 更新日:

 もうメチャクチャだ。7日、巨人に2-10とボロ負けしたDeNAに勃発した造反騒動。試合前、中畑清監督(60)が6日の試合で4番を打っていた中村紀洋(40)を登録抹消し、その理由について、「(6日の試合で)チーム方針に従わない言動があった。懲罰的なところがある。それを許すとチームが機能しなくなる。責任者として処置を取るのは当然」と説明したのが始まりだった。DeNA関係者がこう言った。

「6日の試合の八回に4番の(中村)ノリが三ゴロ併殺打に倒れた。このとき、一塁走者の梶谷がスタートを切ったことに腹を立てたのです。もともとノリは自分の打席で走者を動かされることを極度に嫌う。打撃に集中できないというのです。そうはいっても、その日の巨人先発のセドンは牽制もクイックも苦手。ミーティングで<積極的にかき回していこう>と全員で確認していた。梶谷は初回に盗塁を決めてリーグトップの12盗塁。チーム盗塁数だって巨人に次いでリーグ2位の数字。<足を使う>のはチーム方針なんです。梶谷には自分の意思で盗塁していいという『グリーンライト』が与えられている。それに注文をつけたわけだから、これは采配批判にあたると二軍行きが通告されたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  10. 10

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

もっと見る