• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サヨナラ負けにボー然 日ハム栗山監督が悔やむ「今成の放出」

 試合後、同僚に水を浴びせられた阪神のマートンは歓喜の表情を浮かべた。延長十二回2死一、二塁から中越え二塁打でケリをつけた直後のことだ。

 サヨナラ負けを食らった日本ハムの栗山監督はしばしボー然。グラウンドを見つめ少しの間、ベンチから立ち上がれなかった。

 試合前にはサヨナラ負け以上にショッキングな出来事があった。三塁手で中軸を打つ3年目の近藤健介(20)が、左太もも裏の筋挫傷で登録を抹消されたのだ。

 日ハムは今、深刻な捕手難だ。オフに鶴岡がFAで退団。2番手捕手の近藤が送球イップスで三塁に回り、大野に続く捕手はオフに巨人から金銭トレードで獲得した市川1人。万が一の時に守れる近藤もリタイアした。

 一昨年の開幕直後、3番手捕手だった今成を阪神に放出。近藤を育てるのが主な目的だったとはいえ、当時とは事情も変わってきた。

 そこへいくと今成は打撃が良い上に、三塁も捕手もできる。それなりの選手を出すことを覚悟して今成を返してもらえば、とりあえず穴は埋まるが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る