サヨナラ負けにボー然 日ハム栗山監督が悔やむ「今成の放出」

公開日:  更新日:

 試合後、同僚に水を浴びせられた阪神のマートンは歓喜の表情を浮かべた。延長十二回2死一、二塁から中越え二塁打でケリをつけた直後のことだ。

 サヨナラ負けを食らった日本ハムの栗山監督はしばしボー然。グラウンドを見つめ少しの間、ベンチから立ち上がれなかった。

 試合前にはサヨナラ負け以上にショッキングな出来事があった。三塁手で中軸を打つ3年目の近藤健介(20)が、左太もも裏の筋挫傷で登録を抹消されたのだ。

 日ハムは今、深刻な捕手難だ。オフに鶴岡がFAで退団。2番手捕手の近藤が送球イップスで三塁に回り、大野に続く捕手はオフに巨人から金銭トレードで獲得した市川1人。万が一の時に守れる近藤もリタイアした。

 一昨年の開幕直後、3番手捕手だった今成を阪神に放出。近藤を育てるのが主な目的だったとはいえ、当時とは事情も変わってきた。

 そこへいくと今成は打撃が良い上に、三塁も捕手もできる。それなりの選手を出すことを覚悟して今成を返してもらえば、とりあえず穴は埋まるが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る