サヨナラ負けにボー然 日ハム栗山監督が悔やむ「今成の放出」

公開日: 更新日:

 試合後、同僚に水を浴びせられた阪神のマートンは歓喜の表情を浮かべた。延長十二回2死一、二塁から中越え二塁打でケリをつけた直後のことだ。

 サヨナラ負けを食らった日本ハムの栗山監督はしばしボー然。グラウンドを見つめ少しの間、ベンチから立ち上がれなかった。

 試合前にはサヨナラ負け以上にショッキングな出来事があった。三塁手で中軸を打つ3年目の近藤健介(20)が、左太もも裏の筋挫傷で登録を抹消されたのだ。

 日ハムは今、深刻な捕手難だ。オフに鶴岡がFAで退団。2番手捕手の近藤が送球イップスで三塁に回り、大野に続く捕手はオフに巨人から金銭トレードで獲得した市川1人。万が一の時に守れる近藤もリタイアした。

 一昨年の開幕直後、3番手捕手だった今成を阪神に放出。近藤を育てるのが主な目的だったとはいえ、当時とは事情も変わってきた。

 そこへいくと今成は打撃が良い上に、三塁も捕手もできる。それなりの選手を出すことを覚悟して今成を返してもらえば、とりあえず穴は埋まるが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  7. 7

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る