日ハムが巨人戦全敗…栗山監督は“蛇に睨まれたカエル”

公開日:  更新日:

 日本ハムが巨人に交流戦4戦全敗。昨季からの巨人戦は6連敗となった。

 巨人を強く意識する栗山英樹監督(53)は「今日は取りにいく」と意気込んでいたものの、12日も終わってみれば16被安打11失点のボロ負けだ。日本ハムは現在パ・リーグ3位。下位に沈むチームではない。巨人戦の前まで4連勝と勢いもあった。が、巨人にだけ歯が立たない。これは指揮官の責任ではないか。

 打撃力を買って急造の三塁で起用している近藤が2安打も2失策。六回は2―5とダメを押されるタイムリーエラーとなった。その後、2死一、三塁から一塁走者の長野がスタート。二塁送球の間に三塁走者の亀井が本塁へ突入した。が、送球を受けた二塁手の中島は何と三走の動きを見ることなく、一目散に長野を追ってしまい、この間に亀井が生還。お粗末プレーで2―6となり、試合が決した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る