• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハムが巨人戦全敗…栗山監督は“蛇に睨まれたカエル”

 日本ハムが巨人に交流戦4戦全敗。昨季からの巨人戦は6連敗となった。

 巨人を強く意識する栗山英樹監督(53)は「今日は取りにいく」と意気込んでいたものの、12日も終わってみれば16被安打11失点のボロ負けだ。日本ハムは現在パ・リーグ3位。下位に沈むチームではない。巨人戦の前まで4連勝と勢いもあった。が、巨人にだけ歯が立たない。これは指揮官の責任ではないか。

 打撃力を買って急造の三塁で起用している近藤が2安打も2失策。六回は2―5とダメを押されるタイムリーエラーとなった。その後、2死一、三塁から一塁走者の長野がスタート。二塁送球の間に三塁走者の亀井が本塁へ突入した。が、送球を受けた二塁手の中島は何と三走の動きを見ることなく、一目散に長野を追ってしまい、この間に亀井が生還。お粗末プレーで2―6となり、試合が決した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る