サードで大活躍も…日ハム近藤が吐露する“本職”への未練

公開日:  更新日:

 日本ハムのプロ3年目捕手・近藤健介(20)が本職外の「サード」で予想外の活躍を見せている。今月1日の西武戦で正三塁手の小谷野が右膝靱帯を損傷。代役として捕手の近藤が緊急コンバートされると、不安視された守備を無難にこなし、打撃も日に日に上向いてきた。現在の打率は.242ながら、ここ3試合は連続安打中。29日のヤクルト戦では三回の逆転満塁弾を含む1試合5打点の爆発でチームの大勝に貢献した。

 プロ入り前の横浜高時代にショートの経験はあるとはいえ、サードを守るのは中学以来。にもかかわらず、攻守で活躍できる理由を本人に聞くと、こんな答えが返ってきた。

■試合に出たいので…

「捕手だと、やはり一番大事なことは投手を勝たせるリード。試合前、試合中、試合後も常に配球を考えたり、相手打者に対する対策を考えないといけない。そのことに時間を費やすので、自分の打撃を考えるのは後回しになる。でも、サードになってからは練習でも試合でも自分のことに集中できる。捕手の時のようにイニング終了時に、防具を着脱する必要もないので打席に入るリズムもいい。守備はまだまだですが、捕手の守り、リードやサインプレーなどに神経を使うことに比べれば、はるかに負担は少ない。これが大きいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る