54歳で死去 T・グウィンが約束していた「巨人入り」

公開日:  更新日:

 16日(日本時間17日)、唾液腺がんで54歳の若さで亡くなった元パドレスのトニー・グウィン。首位打者8回、3141安打のヒットメーカーは、実は巨人入りの可能性があった。当時(1982年のシーズンオフ)を思い出してこう語るのは岩本尭氏(当時巨人渉外担当)だ。

「中南米のウインターリーグの視察に行き、広角に打ち分けるグウィンに目をつけた。パドレスの代表に譲ってくれと頼んだら、ダメだと断られた。それでもしつこくお願いしたら、本人と話してみろ、ということになった。それで日本に来ないかと誘うと、来年1年待ってくれ、来年はメジャーに昇格、定着する。それがダメだったらトウキョウ・ジャイアンツに行くとのことだった」

 グウィンはその年、メジャーに初めて上がったが出場試合は54。メジャーとマイナーを往復していた。巨人はホワイト、トマソンの両外国人打者を切り、助っ人を探していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る