• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

54歳で死去 T・グウィンが約束していた「巨人入り」

 16日(日本時間17日)、唾液腺がんで54歳の若さで亡くなった元パドレスのトニー・グウィン。首位打者8回、3141安打のヒットメーカーは、実は巨人入りの可能性があった。当時(1982年のシーズンオフ)を思い出してこう語るのは岩本尭氏(当時巨人渉外担当)だ。

「中南米のウインターリーグの視察に行き、広角に打ち分けるグウィンに目をつけた。パドレスの代表に譲ってくれと頼んだら、ダメだと断られた。それでもしつこくお願いしたら、本人と話してみろ、ということになった。それで日本に来ないかと誘うと、来年1年待ってくれ、来年はメジャーに昇格、定着する。それがダメだったらトウキョウ・ジャイアンツに行くとのことだった」

 グウィンはその年、メジャーに初めて上がったが出場試合は54。メジャーとマイナーを往復していた。巨人はホワイト、トマソンの両外国人打者を切り、助っ人を探していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事