• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

54歳で死去 T・グウィンが約束していた「巨人入り」

 16日(日本時間17日)、唾液腺がんで54歳の若さで亡くなった元パドレスのトニー・グウィン。首位打者8回、3141安打のヒットメーカーは、実は巨人入りの可能性があった。当時(1982年のシーズンオフ)を思い出してこう語るのは岩本尭氏(当時巨人渉外担当)だ。

「中南米のウインターリーグの視察に行き、広角に打ち分けるグウィンに目をつけた。パドレスの代表に譲ってくれと頼んだら、ダメだと断られた。それでもしつこくお願いしたら、本人と話してみろ、ということになった。それで日本に来ないかと誘うと、来年1年待ってくれ、来年はメジャーに昇格、定着する。それがダメだったらトウキョウ・ジャイアンツに行くとのことだった」

 グウィンはその年、メジャーに初めて上がったが出場試合は54。メジャーとマイナーを往復していた。巨人はホワイト、トマソンの両外国人打者を切り、助っ人を探していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る