日本代表を過大評価…メディアがサッカーW杯を歪めている

公開日:  更新日:

「悔しいですけど、こいつはすごい。頭ひとつというか、群を抜いている」

 NHKが中継した15日の日本―コートジボワール戦を解説していた岡田日本代表前監督がこう言っていた。思わず、「こいつ」と感嘆するように口走ったのは、コートジボワールのFWドログバ(36)のことである。

 アフリカ年間最優秀選手に輝くこと2度。イングランドのチェルシー時代にはプレミアリーグでも2度の得点王を獲得したアフリカの英雄はしかし、サッカー選手としては峠を過ぎた36歳。ただでさえ全盛期の圧倒的なスピードとパワーが衰えているところにもってきて、日本戦前には太ももを故障するなどコンディションは万全ではなかった。そんなドログバに日本代表は翻弄された。

 後半17分にドログバがピッチに立つや、その強靭(きょうじん)なフィジカル、卓越したボディーバランスによるキープ力で一気に流れを変えた。日本は直後の19分に同点に追いつかれ、その2分後には逆転弾を献上。わずか「100秒で2点」を奪われる惨状に、岡田前監督も「ドログバの存在感」と嘆息するしかなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る