日本代表を過大評価…メディアがサッカーW杯を歪めている

公開日:  更新日:

「悔しいですけど、こいつはすごい。頭ひとつというか、群を抜いている」

 NHKが中継した15日の日本―コートジボワール戦を解説していた岡田日本代表前監督がこう言っていた。思わず、「こいつ」と感嘆するように口走ったのは、コートジボワールのFWドログバ(36)のことである。

 アフリカ年間最優秀選手に輝くこと2度。イングランドのチェルシー時代にはプレミアリーグでも2度の得点王を獲得したアフリカの英雄はしかし、サッカー選手としては峠を過ぎた36歳。ただでさえ全盛期の圧倒的なスピードとパワーが衰えているところにもってきて、日本戦前には太ももを故障するなどコンディションは万全ではなかった。そんなドログバに日本代表は翻弄された。

 後半17分にドログバがピッチに立つや、その強靭(きょうじん)なフィジカル、卓越したボディーバランスによるキープ力で一気に流れを変えた。日本は直後の19分に同点に追いつかれ、その2分後には逆転弾を献上。わずか「100秒で2点」を奪われる惨状に、岡田前監督も「ドログバの存在感」と嘆息するしかなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る