• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本代表を過大評価…メディアがサッカーW杯を歪めている

「悔しいですけど、こいつはすごい。頭ひとつというか、群を抜いている」

 NHKが中継した15日の日本―コートジボワール戦を解説していた岡田日本代表前監督がこう言っていた。思わず、「こいつ」と感嘆するように口走ったのは、コートジボワールのFWドログバ(36)のことである。

 アフリカ年間最優秀選手に輝くこと2度。イングランドのチェルシー時代にはプレミアリーグでも2度の得点王を獲得したアフリカの英雄はしかし、サッカー選手としては峠を過ぎた36歳。ただでさえ全盛期の圧倒的なスピードとパワーが衰えているところにもってきて、日本戦前には太ももを故障するなどコンディションは万全ではなかった。そんなドログバに日本代表は翻弄された。

 後半17分にドログバがピッチに立つや、その強靭(きょうじん)なフィジカル、卓越したボディーバランスによるキープ力で一気に流れを変えた。日本は直後の19分に同点に追いつかれ、その2分後には逆転弾を献上。わずか「100秒で2点」を奪われる惨状に、岡田前監督も「ドログバの存在感」と嘆息するしかなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る