• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本代表を過大評価…メディアがサッカーW杯を歪めている

投稿日:  更新日:

「悔しいですけど、こいつはすごい。頭ひとつというか、群を抜いている」

 NHKが中継した15日の日本―コートジボワール戦を解説していた岡田日本代表前監督がこう言っていた。思わず、「こいつ」と感嘆するように口走ったのは、コートジボワールのFWドログバ(36)のことである。

 アフリカ年間最優秀選手に輝くこと2度。イングランドのチェルシー時代にはプレミアリーグでも2度の得点王を獲得したアフリカの英雄はしかし、サッカー選手としては峠を過ぎた36歳。ただでさえ全盛期の圧倒的なスピードとパワーが衰えているところにもってきて、日本戦前には太ももを故障するなどコンディションは万全ではなかった。そんなドログバに日本代表は翻弄された。

 後半17分にドログバがピッチに立つや、その強靭(きょうじん)なフィジカル、卓越したボディーバランスによるキープ力で一気に流れを変えた。日本は直後の19分に同点に追いつかれ、その2分後には逆転弾を献上。わずか「100秒で2点」を奪われる惨状に、岡田前監督も「ドログバの存在感」と嘆息するしかなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る