• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新布陣迷走でドロー データでも日本決勝T進出は“絶望的”

 日本代表のグループリーグ突破が、絶望的となった。初戦でコートジボワール戦敗退に続き、日本時間20日午前7時開始のギリシャ戦がスコアレスドローに終わり、事実上の終戦を迎えたのだ。

 大一番で最初に決定機を迎えたのは日本。前半18分、右SB内田篤人が攻め入り、相手ゴール正面のFW大久保嘉人にグラウンダーのパスを送る。

 これをマイナス方向にはたき、FW大迫勇也が左足でダイレクトにシュート。GKにキャッチされたが、日本らしい“つなぎ”からフィニッシュに持ち込んだ。

 33分には左SB長友佑都が、左サイドからアーリークロスを入れ、走り込んだ大久保が完璧なタイミングでヘディングシュート。相手DFが動きに付いていけず、フリーの状態でのシュートだったが、ボールはクロスバーの上を通過した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事