国内FA大争奪戦予想も…オリ金子の“最大の敵”は登録末梢

公開日: 更新日:

 今季2勝目こそお預けとなったものの、18日の西武戦に先発して8安打無失点の好投を見せたオリックスのエース・金子千尋(30)は、順調にいけば今季中に国内FAの権利を取得する。

 早くも、「オフには巨人を中心に大争奪戦が勃発する」「いや、金子と巨人は相思相愛。すでに結果は見えている」とネット裏はかまびすしいが、「順調にいけば」というのが実は厄介だ。

■微妙な「7年と5日」

 04年ドラフトの自由枠でオリックス入りしてから、昨季までの一軍登録日数は7年と5日。1年は145日で計算され、国内FA権は通算8年間プレーして取得できる。つまり、金子は今季最低でも140試合に一軍登録されなければ、FA権を手に入れられない。
 万が一、登録抹消されれば、最低でも10日間は一軍登録できない。抹消の理由がケガなら故障者特例があるものの、不調となれば話は別だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る