国内FA大争奪戦予想も…オリ金子の“最大の敵”は登録末梢

公開日: 更新日:

 今季2勝目こそお預けとなったものの、18日の西武戦に先発して8安打無失点の好投を見せたオリックスのエース・金子千尋(30)は、順調にいけば今季中に国内FAの権利を取得する。

 早くも、「オフには巨人を中心に大争奪戦が勃発する」「いや、金子と巨人は相思相愛。すでに結果は見えている」とネット裏はかまびすしいが、「順調にいけば」というのが実は厄介だ。

■微妙な「7年と5日」

 04年ドラフトの自由枠でオリックス入りしてから、昨季までの一軍登録日数は7年と5日。1年は145日で計算され、国内FA権は通算8年間プレーして取得できる。つまり、金子は今季最低でも140試合に一軍登録されなければ、FA権を手に入れられない。
 万が一、登録抹消されれば、最低でも10日間は一軍登録できない。抹消の理由がケガなら故障者特例があるものの、不調となれば話は別だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る