オリ西勇輝の球団新8連勝は“エース金子を猛研究”の賜物

公開日:  更新日:

 オリックス・西勇輝(23)の連勝が止まらない。20日の阪神戦に先発。序盤からテンポよく相手打線を翻弄すると、味方も四回までに大量10得点の猛攻。この援護に支えられた右腕は6回8安打2失点の好投で球団新記録となる無傷の8連勝を飾った。本人は試合後、「チームの方が打ってくれて勝ったような勝利ばかりなので。この次は完投しないといけない」と語った。

 入団3年目の11年に10勝(7敗)を挙げ、翌シーズンの最終戦(対ソフトバンク)でノーヒットノーランを達成するなど潜在能力はあった。それにしても、開幕から8戦8勝は大したもの。本人は「野手が打ってくれるから。運がいいだけ」と謙遜する。あるチーム関係者によれば、「千尋を研究したたまものですよ」と言う。

 千尋とはエースの金子(30)。その金子は線が細いながらも、過去6シーズン中5度の2ケタ勝利をマーク。西は映像などで金子の投球フォームを学びながら、「手元で直球も変化球もキレる」といわれる独特の投球を研究した。その過程で難航したのが、ボールをリリースする瞬間の指の力加減だった。

「フォームは外からでもわかりますが、ボールを握る指の感覚は本人しかわからない。そこで西は、キャンプで金子に直接聞いて、その感覚を習得しようと必死に練習していた。それが開幕前に出来るようになったようです」(前出の関係者)

 快進撃の裏に金子あり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る