• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロナウド劇的アシストも ポルトガルは絶体絶命、敗退危機

「リーグ得点王はW杯でゴールできない」……前年度バロンドール(FIFA最優秀選手)でポルトガルの絶対的エース、C・ロナウドは、いまだこの“悪しきジンクス”に憑りつかれたままだ。

 ドイツ戦の0-4という屈辱的な敗戦から、負ければ敗退という背水の陣でアメリカ戦臨んだポルトガル。前半5分、アメリカのゴール前クリアミスからFWナニが冷静に蹴り込み、幸先よく先制できたポルトガルだが、肝心のロナウドが不発。

 ボールを持ってもすぐアメリカに囲い込まれ、得意のドリブル突破も阻まれる。前半36分、中盤遠めから右足で強烈なミドルシュートを放つが、キーパーの正面だった。42分には左サイドからドリブルを仕掛け、逆サイドのナニにパスするも、ナニのシュートは相手キーパーが好セーブ。直後にエリア手前で得たFKも、ゴールの遙か上を通過した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る