決起集会も…主力選手に深刻なザック不信とネガティブ思考

公開日:  更新日:

 W杯前の日本代表の皮算用は「序盤2試合を最低でも1勝1分け・勝ち点4で切り抜け、余裕を持って3戦目に臨む」だった。ところが1分け1敗と出遅れ、決勝トーナメント進出には、3戦目のコロンビア戦(日本時間25日午前5時開始)の「勝利」が最低条件だ。

 ギリシャ戦後に日本サッカー協会技術委員会の原委員長が、ザッケローニ監督と緊急会談。場当たり采配に“ダメ出し”したことが報じられ、ザッケローニは会見で「チームは同じ方向を向いている」とコメントしたが、すでに各選手のモチベーション低下は深刻だ。

■岡崎が「ボクが悪い」を連発

「香川が、ギリシャ戦ベンチスタートを聞かされたのは試合2時間前。チームの主軸である背番号10を外す場合、もっと早く通告して理由を説明した方がいい。ましてや香川というのは精神的タフネスがなく、物事が思い通りにいかないとナーバスになり、どんどん深みにはまるタイプです。ところがザッケローニ監督は、コートジボワール戦の逆転負けを引きずってパニック状態。気持ちに余裕がなくなって香川へのケアを怠り、完全にモチベーションを失わせてしまった。練習中も沈痛な表情を浮かべることが多く、メディア関係者から『またガラスのハート君がふさぎこんでいる』と言われている」(現地で取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る