ザック辞任 後任選びの前に日本サッカー協会がやるべきこと

公開日: 更新日:

 大惨敗に終ったコロンビア戦から一夜明けた26日(現地25日)未明、ザッケローニ監督がキャンプ地のイトゥ市で「日本代表を離れなければならない。日本代表に足りないものを新監督が埋め合わせ、さらに強くしていく時期が来た」と正式に辞意を表明した。

 4年前の南アW杯のベスト16を上回る成績を期待されながら、ザッケローニは1勝もできずにブラジルを去ることになった。インテル、ミラン、マンUを筆頭に欧州組を多く揃えながら、どうして日本代表は失速したのか? 原因はどこにあるのか? 

■06年大会も10年大会も検証作業はうやむや

 イタリア人指揮官ザッケローニのW杯冒険旅行は、サポーターの期待を裏切る結果に終わった。「試合をクローズ(終わらせる)させる選手がいない」。こう嘆いたのは“ドーハの悲劇”オフト監督だった。トルシエ監督は「日本サッカーに守備の文化はない」と断言した。ザッケローニ監督は、日本に屈強なフィジカルを誇り、空中戦に圧倒的な強さを見せるDFがいないハンデを承知した上で「2点取られても3点取る」攻撃的なスタイルを志向した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る