アルジェリア健闘 32年前の“因縁”再戦にドイツ冷や汗勝利

公開日: 更新日:

 死闘を制したのはドイツだった。ドイツ-アルジェリア戦は0-0のまま延長戦に突入。前半2分にペナルティーエリアの左サイドから仕掛けたFWミュラーのグラウンダーのクロスにFWシュールレが左足で合わせてヒールキック。ようやくネットを揺らす。

 すでに選手は両チームとも体力を消耗し、延長後半に入ると試合中に足をつる選手が続出。アルジェリアDF陣の動きが止まった延長15分、MFエジルがシュールレの放ったシュートのこぼれ球を左足で豪快に決めた。2点を失ったアルジェリアは、ロスタイム1分、MFフェグリが右サイドからクロスを上げると、MFジャブがゴール前に飛び込みドンピシャリ。左足でネットに突き刺し一矢報いた。

■32年前は「2勝1敗」でも1次リーグ敗退

 ドイツとアルジェリアは過去2度対戦(1964年親善試合、82年W杯)して、いずれもアルジェリアが勝利をおさめている。そして、アルジェリアは今大会のドイツ戦には絶対に負けられないという異常な執念があった。実はW杯初出場を果たした82年スペイン大会での「ドイツ八百長疑惑」に、ずっと恨みを抱いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る