アルジェリア健闘 32年前の“因縁”再戦にドイツ冷や汗勝利

公開日:  更新日:

 死闘を制したのはドイツだった。ドイツ-アルジェリア戦は0-0のまま延長戦に突入。前半2分にペナルティーエリアの左サイドから仕掛けたFWミュラーのグラウンダーのクロスにFWシュールレが左足で合わせてヒールキック。ようやくネットを揺らす。

 すでに選手は両チームとも体力を消耗し、延長後半に入ると試合中に足をつる選手が続出。アルジェリアDF陣の動きが止まった延長15分、MFエジルがシュールレの放ったシュートのこぼれ球を左足で豪快に決めた。2点を失ったアルジェリアは、ロスタイム1分、MFフェグリが右サイドからクロスを上げると、MFジャブがゴール前に飛び込みドンピシャリ。左足でネットに突き刺し一矢報いた。

■32年前は「2勝1敗」でも1次リーグ敗退

 ドイツとアルジェリアは過去2度対戦(1964年親善試合、82年W杯)して、いずれもアルジェリアが勝利をおさめている。そして、アルジェリアは今大会のドイツ戦には絶対に負けられないという異常な執念があった。実はW杯初出場を果たした82年スペイン大会での「ドイツ八百長疑惑」に、ずっと恨みを抱いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る