本当にアギーレでいいのか? 次期代表監督の「必要絶対条件」

公開日: 更新日:

 ポスト・ザッケローニ報道が過熱する一方だ。一部のスポーツ紙によると母国のメキシコ代表を02年、10年のW杯でベスト16に導いたハビエル・アギーレ(55)の一本かぶりの様相を呈している。スペインのマルカ紙も現地29日、「日本を指揮するために4年間日本へ」と見出しを立て、7月末に来日して記者会見を行うと報じた。

 02年W杯日韓大会でメキシコ代表は、福井県三国町で事前キャンプを行った。アギーレは滞在中、日本人のおもてなし精神に感動し、それから日本に好感を持っているといわれる。細かくパスを回し、俊敏性を最大限に生かすサッカーが得意中の得意。人柄は温厚で誠実。性格も日本人向きともっぱらだ。

 もっとも、日本サッカー協会関係者は「有力候補のひとりであることは否定しないが、まだ何も決まっていない」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る