本当にアギーレでいいのか? 次期代表監督の「必要絶対条件」

公開日:  更新日:

 ポスト・ザッケローニ報道が過熱する一方だ。一部のスポーツ紙によると母国のメキシコ代表を02年、10年のW杯でベスト16に導いたハビエル・アギーレ(55)の一本かぶりの様相を呈している。スペインのマルカ紙も現地29日、「日本を指揮するために4年間日本へ」と見出しを立て、7月末に来日して記者会見を行うと報じた。

 02年W杯日韓大会でメキシコ代表は、福井県三国町で事前キャンプを行った。アギーレは滞在中、日本人のおもてなし精神に感動し、それから日本に好感を持っているといわれる。細かくパスを回し、俊敏性を最大限に生かすサッカーが得意中の得意。人柄は温厚で誠実。性格も日本人向きともっぱらだ。

 もっとも、日本サッカー協会関係者は「有力候補のひとりであることは否定しないが、まだ何も決まっていない」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る