JFAの莫大資産は宝の持ち腐れ…選手育成より職員人件費

公開日:  更新日:

 明らかに貯め込み過ぎだ。W杯8強進出を想定したFIFA賞金を盛り込み、過去最大の予算を組んだ日本サッカー協会(JFA)。予算規模は184億円に膨らんだが、結果は1次リーグ敗退だ。賞金収入は6億1000万円の減額だが、JFAにとっては屁でもない。資産総額は優に150億円を超えるが、日本サッカーの発展に予算が十分に行き渡っているかは疑問だ。

 JOCの今年度予算が約78億円、日本体育協会は約50億円…。いかにJFAの資金力がズバぬけているかが分かる。その潤沢な財政事情を象徴するのが東京・本郷の協会本部ビル、通称「JFAハウス」だ。地上11階、地下4階で延べ床面積は約2万3000平方メートル。もともとは三洋電機の所有ビルで、03年に約60億円のキャッシュをポンと弾んで購入した。

「JFAは公益財団法人として税制上の優遇措置を受けながら、ビルの一部を民間に貸し出し、年間約2億5000万円の不動産収益を上げています」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る