JFAの莫大資産は宝の持ち腐れ…選手育成より職員人件費

公開日:  更新日:

 明らかに貯め込み過ぎだ。W杯8強進出を想定したFIFA賞金を盛り込み、過去最大の予算を組んだ日本サッカー協会(JFA)。予算規模は184億円に膨らんだが、結果は1次リーグ敗退だ。賞金収入は6億1000万円の減額だが、JFAにとっては屁でもない。資産総額は優に150億円を超えるが、日本サッカーの発展に予算が十分に行き渡っているかは疑問だ。

 JOCの今年度予算が約78億円、日本体育協会は約50億円…。いかにJFAの資金力がズバぬけているかが分かる。その潤沢な財政事情を象徴するのが東京・本郷の協会本部ビル、通称「JFAハウス」だ。地上11階、地下4階で延べ床面積は約2万3000平方メートル。もともとは三洋電機の所有ビルで、03年に約60億円のキャッシュをポンと弾んで購入した。

「JFAは公益財団法人として税制上の優遇措置を受けながら、ビルの一部を民間に貸し出し、年間約2億5000万円の不動産収益を上げています」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る