「梨田監督にしておけば…」阪神で責任のなすりつけ合い勃発

公開日: 更新日:

「監督は梨田(昌孝)さんにしておくべきだったんじゃないか…」
 29日の中日戦に敗れてBクラスに転落した阪神。親会社・阪神電鉄の幹部周辺からは、こんな声が出ているという。

 発端は昨季だ。開幕から巨人と優勝争いをするも、9月以降は10勝18敗と後退。CSファーストステージで広島に2連敗して敗退したことで、徐々に和田監督の技量が疑問視され始めたそうだ。

 梨田氏といえば近鉄、日本ハムをリーグ優勝に導いた経験がある。11年オフに真弓明信前監督が成績不振で解任され、招聘が検討された。

「阪神内部では外部招聘案としての『梨田支持派』と、生え抜き昇格案としての『和田支持派』で議論が続いた。結果、和田一本化で落ち着いたわけですが、梨田さんを支持した人たちにすれば結果はどうなっていたかは別にして、<やっぱり>と悔やまれるのでしょう。とはいえ、一度は<和田で>となったわけだから、何を今さらの感もある」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る