「梨田監督にしておけば…」阪神で責任のなすりつけ合い勃発

公開日:  更新日:

「監督は梨田(昌孝)さんにしておくべきだったんじゃないか…」
 29日の中日戦に敗れてBクラスに転落した阪神。親会社・阪神電鉄の幹部周辺からは、こんな声が出ているという。

 発端は昨季だ。開幕から巨人と優勝争いをするも、9月以降は10勝18敗と後退。CSファーストステージで広島に2連敗して敗退したことで、徐々に和田監督の技量が疑問視され始めたそうだ。

 梨田氏といえば近鉄、日本ハムをリーグ優勝に導いた経験がある。11年オフに真弓明信前監督が成績不振で解任され、招聘が検討された。

「阪神内部では外部招聘案としての『梨田支持派』と、生え抜き昇格案としての『和田支持派』で議論が続いた。結果、和田一本化で落ち着いたわけですが、梨田さんを支持した人たちにすれば結果はどうなっていたかは別にして、<やっぱり>と悔やまれるのでしょう。とはいえ、一度は<和田で>となったわけだから、何を今さらの感もある」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る