阪神5連敗でBクラス…重篤状態に陥ったベンチの思考停止

公開日: 更新日:

 中日に敗れ、引き分けを挟んで泥沼の5連敗。阪神が4月5日以来となるBクラスに転落した。

 エースの能見が初回に8点を奪われる大乱調。三回途中、マウンドで自ら首脳陣を呼び、9失点で降板した。上本が二塁手リーグ記録に並ぶ1試合3失策を犯し、打線も2得点。攻守ともボロボロだった。

 和田監督は能見の降板について、「脇腹の違和感があるのか、診てもらわないとはっきりしたことは言えない」とし、「甲子園ではやってはいけないゲーム。申し訳ない。4月ごろの野球ができるようにやっていく」と謝罪したが、評論家の福間納氏はこう言った。

「能見は初回、無死一、三塁の場面でルナに甘く入った速球を投じ、3ランを打たれた。この日の能見は球威、キレがない。なのに打ち気満々の助っ人に内寄りの直球を要求した藤井の配球も疑問ながら、これで6月は0勝3敗。しかも、三回途中で自ら脇腹の違和感で降板を直訴した。エースがこの体たらくでは浮上のきっかけは掴めない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る