広島、阪神よりも不気味…巨人・原監督が恐れる「4位中日」

公開日: 更新日:

「バレンティンはうちとの試合で復帰するんだろ?」
 苦々しい表情でこう言ったのは、巨人原辰徳監督(55)。左アキレス腱痛で離脱中のヤクルトの主砲には、今季の巨人戦の打率.412、5本塁打と“カモ”にされている。結局、28日からの2連戦での合流は見送られて一安心の指揮官だが、実はバレンティン以上に引っ掛かる人物がいた。

「で、中日はどうなのよ? あのエースはいつ戻って来るんだ?」
 こう報道陣を逆取材した「あのエース」とは、昨年6月の右ヒジ手術からの復活を目指す吉見一起(29)のこと。今月1日に二軍戦に登板も、その後に腰を痛めた。7月4日からの巨人戦に投入されるという報道もあっただけに、本当に間に合うのか否か、気が気じゃない様子なのだ。

 13年に故障するまで吉見は「巨人キラー」だった。10~12年の3年間で10勝2敗。毎年のように煮え湯を飲まされてきた原監督にとって、できれば戻ってきて欲しくない投手。続けて、「浅尾はもう戻ってるよな」と同じく右ヒジの故障から復帰し、7戦連続無失点中のセットアッパーの名前も口にしている。

 交流戦は巨人が制したが、中日も13勝10敗1分けで4位に入った。セ・リーグでは巨人と6.5ゲーム差の4位。エースを欠きながら勝率5割前後にじっと潜んでいる。原監督が不気味に感じているのは、2位広島、3位阪神より中日なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき