広島、阪神よりも不気味…巨人・原監督が恐れる「4位中日」

公開日:  更新日:

「バレンティンはうちとの試合で復帰するんだろ?」
 苦々しい表情でこう言ったのは、巨人の原辰徳監督(55)。左アキレス腱痛で離脱中のヤクルトの主砲には、今季の巨人戦の打率.412、5本塁打と“カモ”にされている。結局、28日からの2連戦での合流は見送られて一安心の指揮官だが、実はバレンティン以上に引っ掛かる人物がいた。

「で、中日はどうなのよ? あのエースはいつ戻って来るんだ?」
 こう報道陣を逆取材した「あのエース」とは、昨年6月の右ヒジ手術からの復活を目指す吉見一起(29)のこと。今月1日に二軍戦に登板も、その後に腰を痛めた。7月4日からの巨人戦に投入されるという報道もあっただけに、本当に間に合うのか否か、気が気じゃない様子なのだ。

 13年に故障するまで吉見は「巨人キラー」だった。10~12年の3年間で10勝2敗。毎年のように煮え湯を飲まされてきた原監督にとって、できれば戻ってきて欲しくない投手。続けて、「浅尾はもう戻ってるよな」と同じく右ヒジの故障から復帰し、7戦連続無失点中のセットアッパーの名前も口にしている。

 交流戦は巨人が制したが、中日も13勝10敗1分けで4位に入った。セ・リーグでは巨人と6.5ゲーム差の4位。エースを欠きながら勝率5割前後にじっと潜んでいる。原監督が不気味に感じているのは、2位広島、3位阪神より中日なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る