広島、阪神よりも不気味…巨人・原監督が恐れる「4位中日」

公開日: 更新日:

「バレンティンはうちとの試合で復帰するんだろ?」
 苦々しい表情でこう言ったのは、巨人の原辰徳監督(55)。左アキレス腱痛で離脱中のヤクルトの主砲には、今季の巨人戦の打率.412、5本塁打と“カモ”にされている。結局、28日からの2連戦での合流は見送られて一安心の指揮官だが、実はバレンティン以上に引っ掛かる人物がいた。

「で、中日はどうなのよ? あのエースはいつ戻って来るんだ?」
 こう報道陣を逆取材した「あのエース」とは、昨年6月の右ヒジ手術からの復活を目指す吉見一起(29)のこと。今月1日に二軍戦に登板も、その後に腰を痛めた。7月4日からの巨人戦に投入されるという報道もあっただけに、本当に間に合うのか否か、気が気じゃない様子なのだ。

 13年に故障するまで吉見は「巨人キラー」だった。10~12年の3年間で10勝2敗。毎年のように煮え湯を飲まされてきた原監督にとって、できれば戻ってきて欲しくない投手。続けて、「浅尾はもう戻ってるよな」と同じく右ヒジの故障から復帰し、7戦連続無失点中のセットアッパーの名前も口にしている。

 交流戦は巨人が制したが、中日も13勝10敗1分けで4位に入った。セ・リーグでは巨人と6.5ゲーム差の4位。エースを欠きながら勝率5割前後にじっと潜んでいる。原監督が不気味に感じているのは、2位広島、3位阪神より中日なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る