遼ひさびさ国内ツアーVも「松山英樹との差は歴然」と専門家

公開日:  更新日:

 今季国内3戦目となった石川遼(22)が最終日67で回り、通算10アンダーで並んだ小田孔明(36)とのプレーオフを制し、1年8カ月ぶりとなるツアー11勝目を挙げた。また、今季国内初戦となった松山英樹(22)は68で回り、通算3アンダーの17位だった。

 首位の小田と1打差で迎えた最終18番パー5。石川はグリーン手前花道からの3打目をピン手前1メートル弱に寄せると、この試合6つ目のバーディーを奪って、土壇場で追いついた。プレーオフはその18番で行われ、ともに2連続バーディーと一歩も譲らず。そして迎えた3ホール目、石川が残り95ヤードからの3打目をピンそば1・5メートルに寄せ、本戦から4連続バーディーを決めて、パーの小田を振り切った。

「優勝できるとは思っていなかったのでうれしい。もっと努力して(松山)ヒデキに追いついて、今度は米ツアーで優勝することが目標。自分の理想のスイングを試合の大事なところでやれた」(石川)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る