遼ひさびさ国内ツアーVも「松山英樹との差は歴然」と専門家

公開日: 更新日:

 今季国内3戦目となった石川遼(22)が最終日67で回り、通算10アンダーで並んだ小田孔明(36)とのプレーオフを制し、1年8カ月ぶりとなるツアー11勝目を挙げた。また、今季国内初戦となった松山英樹(22)は68で回り、通算3アンダーの17位だった。

 首位の小田と1打差で迎えた最終18番パー5。石川はグリーン手前花道からの3打目をピン手前1メートル弱に寄せると、この試合6つ目のバーディーを奪って、土壇場で追いついた。プレーオフはその18番で行われ、ともに2連続バーディーと一歩も譲らず。そして迎えた3ホール目、石川が残り95ヤードからの3打目をピンそば1・5メートルに寄せ、本戦から4連続バーディーを決めて、パーの小田を振り切った。

「優勝できるとは思っていなかったのでうれしい。もっと努力して(松山)ヒデキに追いついて、今度は米ツアーで優勝することが目標。自分の理想のスイングを試合の大事なところでやれた」(石川)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る