ベストメンバーで準決勝に臨めるドイツに穴はないのか?

公開日:  更新日:

 ベスト4に進んだ国の中で最もしたたかなチームは、インフル騒ぎがあったドイツであることに異論はないだろう。フランスを1―0で退けた準々決勝。前半13分にセットプレーから先制して以降はムリに攻め込まず、そして試合の残り「20分」でドイツらしさが発揮された。

 守って逃げ切ろうとFWに代えてDFを投入したくなる時間帯だが、まずはFWクローゼ(36)に代えてFWシュールレ(23)を、残り7分でMFエジル(25)に代えてFWゲッツェ(22)を投入するなどフレッシュな攻撃系選手を前線で走らせ、フランスDF陣の押し上げ阻止に成功。フランスは厚みのある攻撃ができず、ドイツは余裕を持って逃げ切った。

■出場した全大会でベスト8以上

「ドイツのしたたかさは歴史にも裏打ちされています。ドイツは38年大会でベスト16に終わった以外、今ブラジルW杯を含めて出場した17回すべての大会でベスト8以上の成績を残し、02年大会以降は4大会連続でベスト4以上の成績を残しています。これは王国ブラジルもかなわない数字です。監督をコロコロ代えることなく、チームを継続的に熟成させるのもドイツの強み。現監督のレーウは06年大会でヘッドコーチを務め、10年、14年大会は監督として代表チームを率いている。ドイツサッカーには<したたかさ><継続性>というDNAがあり、それは現代表にもしっかり受け継がれている」(現地で取材したサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る