ベストメンバーで準決勝に臨めるドイツに穴はないのか?

公開日: 更新日:

 ベスト4に進んだ国の中で最もしたたかなチームは、インフル騒ぎがあったドイツであることに異論はないだろう。フランスを1―0で退けた準々決勝。前半13分にセットプレーから先制して以降はムリに攻め込まず、そして試合の残り「20分」でドイツらしさが発揮された。

 守って逃げ切ろうとFWに代えてDFを投入したくなる時間帯だが、まずはFWクローゼ(36)に代えてFWシュールレ(23)を、残り7分でMFエジル(25)に代えてFWゲッツェ(22)を投入するなどフレッシュな攻撃系選手を前線で走らせ、フランスDF陣の押し上げ阻止に成功。フランスは厚みのある攻撃ができず、ドイツは余裕を持って逃げ切った。

■出場した全大会でベスト8以上

「ドイツのしたたかさは歴史にも裏打ちされています。ドイツは38年大会でベスト16に終わった以外、今ブラジルW杯を含めて出場した17回すべての大会でベスト8以上の成績を残し、02年大会以降は4大会連続でベスト4以上の成績を残しています。これは王国ブラジルもかなわない数字です。監督をコロコロ代えることなく、チームを継続的に熟成させるのもドイツの強み。現監督のレーウは06年大会でヘッドコーチを務め、10年、14年大会は監督として代表チームを率いている。ドイツサッカーには<したたかさ><継続性>というDNAがあり、それは現代表にもしっかり受け継がれている」(現地で取材したサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る