ベストメンバーで準決勝に臨めるドイツに穴はないのか?

公開日:  更新日:

 ベスト4に進んだ国の中で最もしたたかなチームは、インフル騒ぎがあったドイツであることに異論はないだろう。フランスを1―0で退けた準々決勝。前半13分にセットプレーから先制して以降はムリに攻め込まず、そして試合の残り「20分」でドイツらしさが発揮された。

 守って逃げ切ろうとFWに代えてDFを投入したくなる時間帯だが、まずはFWクローゼ(36)に代えてFWシュールレ(23)を、残り7分でMFエジル(25)に代えてFWゲッツェ(22)を投入するなどフレッシュな攻撃系選手を前線で走らせ、フランスDF陣の押し上げ阻止に成功。フランスは厚みのある攻撃ができず、ドイツは余裕を持って逃げ切った。

■出場した全大会でベスト8以上

「ドイツのしたたかさは歴史にも裏打ちされています。ドイツは38年大会でベスト16に終わった以外、今ブラジルW杯を含めて出場した17回すべての大会でベスト8以上の成績を残し、02年大会以降は4大会連続でベスト4以上の成績を残しています。これは王国ブラジルもかなわない数字です。監督をコロコロ代えることなく、チームを継続的に熟成させるのもドイツの強み。現監督のレーウは06年大会でヘッドコーチを務め、10年、14年大会は監督として代表チームを率いている。ドイツサッカーには<したたかさ><継続性>というDNAがあり、それは現代表にもしっかり受け継がれている」(現地で取材したサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る