鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

完封で4強 フランス戦ラスト20分で見せた「ドイツのDNA」

公開日:  更新日:

 ドイツがベスト4に進出した。強豪のフランス代表に勝つには勝ったが、ゴールはFKからの1点だけ。優勝候補といわれるチームにしては、物足りない試合内容だった。

 ただし、ドイツが最後に勝利をモノにすることができるのには理由がある。それは「安定感」という言葉に置き換えられるだろう。

 まず、守備が堅いというベースがある。今大会は、本来ならCBの選手が左右のSBに起用されるなどDFラインのやりくりに苦心している。そこで、これまでアンカーのDFラームを“本職”の右SBに戻す布陣を敷いた。ボールをしっかり収め、的確に回せるラームが入ったことにより、右サイドのバランスが格段に良くなった。

 また、CBフンメルスはファウルを与えるような危険なプレーをすることなく、相手をきっちり潰せる。本当の意味で守備が強い選手だ。GKノイアーを含めた守備の安定感がいまのドイツを支えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る