三重殺が…審判にルール忘れさせたオリ森脇監督の猛抗議

公開日:  更新日:

 その瞬間、指揮官の怒りが爆発した。

 10日のソフトバンク戦で、オリックスの森脇監督が審判団に激高した。

 同点の四回、無死満塁の場面でソフトバンク明石の打球は地面スレスレの一塁へのライナー。一塁走者が飛び出していたため、これを捕球した一塁手のT-岡田は一塁を踏み2アウト目。岡田から捕手の伊藤を経由してボールを受け取った三塁手のヘルマンは「これで3アウト目だ!」と言わんばかりに何度も三塁ベースを踏みつけた。

 ところが、三塁塁審はアウトの判定をしない。ここで森脇監督がベンチを飛び出し、審判団に猛抗議。目を三角に吊り上げて口角泡を飛ばし、手にしていたボールを地面に叩きつけるシーンもあった。

 結局、「T―岡田の捕球はダイレクトではないので、打者走者のみアウト。三塁走者のホームインを認め、走者一、二塁で続行」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る