三重殺が…審判にルール忘れさせたオリ森脇監督の猛抗議

公開日: 更新日:

 その瞬間、指揮官の怒りが爆発した。

 10日のソフトバンク戦で、オリックスの森脇監督が審判団に激高した。

 同点の四回、無死満塁の場面でソフトバンク明石の打球は地面スレスレの一塁へのライナー。一塁走者が飛び出していたため、これを捕球した一塁手のT-岡田は一塁を踏み2アウト目。岡田から捕手の伊藤を経由してボールを受け取った三塁手のヘルマンは「これで3アウト目だ!」と言わんばかりに何度も三塁ベースを踏みつけた。

 ところが、三塁塁審はアウトの判定をしない。ここで森脇監督がベンチを飛び出し、審判団に猛抗議。目を三角に吊り上げて口角泡を飛ばし、手にしていたボールを地面に叩きつけるシーンもあった。

 結局、「T―岡田の捕球はダイレクトではないので、打者走者のみアウト。三塁走者のホームインを認め、走者一、二塁で続行」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る