三重殺が…審判にルール忘れさせたオリ森脇監督の猛抗議

公開日:  更新日:

 その瞬間、指揮官の怒りが爆発した。

 10日のソフトバンク戦で、オリックスの森脇監督が審判団に激高した。

 同点の四回、無死満塁の場面でソフトバンク明石の打球は地面スレスレの一塁へのライナー。一塁走者が飛び出していたため、これを捕球した一塁手のT-岡田は一塁を踏み2アウト目。岡田から捕手の伊藤を経由してボールを受け取った三塁手のヘルマンは「これで3アウト目だ!」と言わんばかりに何度も三塁ベースを踏みつけた。

 ところが、三塁塁審はアウトの判定をしない。ここで森脇監督がベンチを飛び出し、審判団に猛抗議。目を三角に吊り上げて口角泡を飛ばし、手にしていたボールを地面に叩きつけるシーンもあった。

 結局、「T―岡田の捕球はダイレクトではないので、打者走者のみアウト。三塁走者のホームインを認め、走者一、二塁で続行」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る