三重殺が…審判にルール忘れさせたオリ森脇監督の猛抗議

公開日: 更新日:

 その瞬間、指揮官の怒りが爆発した。

 10日のソフトバンク戦で、オリックスの森脇監督が審判団に激高した。

 同点の四回、無死満塁の場面でソフトバンク明石の打球は地面スレスレの一塁へのライナー。一塁走者が飛び出していたため、これを捕球した一塁手のT-岡田は一塁を踏み2アウト目。岡田から捕手の伊藤を経由してボールを受け取った三塁手のヘルマンは「これで3アウト目だ!」と言わんばかりに何度も三塁ベースを踏みつけた。

 ところが、三塁塁審はアウトの判定をしない。ここで森脇監督がベンチを飛び出し、審判団に猛抗議。目を三角に吊り上げて口角泡を飛ばし、手にしていたボールを地面に叩きつけるシーンもあった。

 結局、「T―岡田の捕球はダイレクトではないので、打者走者のみアウト。三塁走者のホームインを認め、走者一、二塁で続行」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る