「給料分期待」され復帰 巨人・内海に残された“ワンチャンス”

公開日:  更新日:

 巨人が11日から球宴前最後の6連戦に突入する。注目は内海哲也(32)の復帰登板だ。

 今季1勝5敗。先月上旬に左肩を痛め、二軍で調整していた。当初は9日のDeNA戦で復帰予定も、8日の試合が台風の影響で中止となり、菅野がスライド。内海の登板が吹っ飛ばされたところに、今の立場が表れている。仕切り直しは14日からのヤクルト戦となる見込みだ。

 6日に右肩痛から復帰した沢村が今季初勝利。川口投手総合コーチは「(好投を)続ければローテーションに入ってくる」とし、「8月までは5人でやりたいから」と話していた。8月は全て6連戦。そこまでは先発5人で回すということだ。現在は開幕からローテを守る菅野、杉内、大竹の3人に、復帰した沢村、今週は2連戦で登板機会がないため、登録を抹消されている小山、今村がこれに続く。エースの内海に特別待遇はなく、7分の5か6というサバイバルを強いられるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る