「給料分期待」され復帰 巨人・内海に残された“ワンチャンス”

公開日: 更新日:

 巨人が11日から球宴前最後の6連戦に突入する。注目は内海哲也(32)の復帰登板だ。

 今季1勝5敗。先月上旬に左肩を痛め、二軍で調整していた。当初は9日のDeNA戦で復帰予定も、8日の試合が台風の影響で中止となり、菅野がスライド。内海の登板が吹っ飛ばされたところに、今の立場が表れている。仕切り直しは14日からのヤクルト戦となる見込みだ。

 6日に右肩痛から復帰した沢村が今季初勝利。川口投手総合コーチは「(好投を)続ければローテーションに入ってくる」とし、「8月までは5人でやりたいから」と話していた。8月は全て6連戦。そこまでは先発5人で回すということだ。現在は開幕からローテを守る菅野、杉内、大竹の3人に、復帰した沢村、今週は2連戦で登板機会がないため、登録を抹消されている小山、今村がこれに続く。エースの内海に特別待遇はなく、7分の5か6というサバイバルを強いられるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る