巨人・沢村638日ぶり勝利 “筋肉バカ”の悪評払拭なるか?

公開日:  更新日:

 右肩痛で出遅れていた巨人の沢村拓一(26)が昨6日の中日戦で今季初登板初先発。8回7安打1失点の好投で復活の1勝を挙げた。東京ドームでの先発勝利は実に638日ぶり。お立ち台で、「(もう)7月ですか……。長かった」と感慨深げに話した沢村に、「変わりましたね。いい意味で力が抜けた。見ていて肩が凝らない投手らしい投球が、やっとできるようになったかな」と目を細めたのは恩師で前中大監督の高橋善正氏である。

 四回に3者連続空振り三振を奪うなど、中日打線から8奪三振の快投。春季キャンプが始まった直後の2月3日に右肩の不安を訴え、復帰までに5カ月を要したが、初回から150キロ超の速球を連発するなど、故障前と変わらぬ迫力がった。それでも、高橋氏の目には「変化」が見えた。

「去年までは抑え込まなきゃと力み返り、足が突っ張ったような投げ方になっていた。球速は出ても直球がシュート回転して痛打されるの繰り返し。久しぶりの登板で、最初こそ力んでいたものの、四回あたりから下半身が使え出してリリースポイントが前になった。もともと下半身は強い。リリースの瞬間だけ力を入れているから、棒球ではなく、スピンが利いた直球が多くなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る