巨人・沢村638日ぶり勝利 “筋肉バカ”の悪評払拭なるか?

公開日:  更新日:

 右肩痛で出遅れていた巨人の沢村拓一(26)が昨6日の中日戦で今季初登板初先発。8回7安打1失点の好投で復活の1勝を挙げた。東京ドームでの先発勝利は実に638日ぶり。お立ち台で、「(もう)7月ですか……。長かった」と感慨深げに話した沢村に、「変わりましたね。いい意味で力が抜けた。見ていて肩が凝らない投手らしい投球が、やっとできるようになったかな」と目を細めたのは恩師で前中大監督の高橋善正氏である。

 四回に3者連続空振り三振を奪うなど、中日打線から8奪三振の快投。春季キャンプが始まった直後の2月3日に右肩の不安を訴え、復帰までに5カ月を要したが、初回から150キロ超の速球を連発するなど、故障前と変わらぬ迫力がった。それでも、高橋氏の目には「変化」が見えた。

「去年までは抑え込まなきゃと力み返り、足が突っ張ったような投げ方になっていた。球速は出ても直球がシュート回転して痛打されるの繰り返し。久しぶりの登板で、最初こそ力んでいたものの、四回あたりから下半身が使え出してリリースポイントが前になった。もともと下半身は強い。リリースの瞬間だけ力を入れているから、棒球ではなく、スピンが利いた直球が多くなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る