あわや完全試合…ルーキー吉田の好投がオリックスを救う

公開日: 更新日:

 七回1死までひとりの走者も許さない。もう少しで完全試合という投球で3勝目(1敗)をマークしたのがオリックスのルーキー・吉田一将(24)だ。

 結局、8回を1安打11奪三振。敗れた日本ハムベンチを「今年いちばんのデキ。とにかくコントロールがバツグンによかった」と脱帽させる投球内容で、チームに4連勝をもたらした。

 出身は奈良。青森山田高時代は甲子園にも出場した。

 その後、日大、JR東日本と、日本列島をまたにかけて野球のエリートコースを一直線。昨年のドラフトでは「社会人ナンバーワン右腕」として競合必至といわれながら、プロ球団が互いに牽制したのか、フタを開けてみればオリックスの単独1位指名。流れ流れた末、生まれ故郷の関西でプロ生活をスタートすることになった。

 武器は191センチの長身から投げ下ろす角度ある速球と、日本ハム首脳陣にため息をつかせた制球力。エースの金子が登録抹消されたこの日、チームにとってルーキーの好投は何よりの収穫に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る