• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリックス 貯金18の快進撃支える「脱・岡田」と「金一封」

 17日現在、貯金18は12球団でダントツ、交流戦でも首位・巨人に肉薄しているのがオリックスだ。
 メンバー自体はペーニャと李大浩が入れ替わった程度で、昨年と大差ない。大きく変わったのはベンチの雰囲気とカネだという。

 昨年までは岡田彰布前監督時代のムードを引きずっていた。岡田前監督時代、試合中のベンチは常にピリピリ。勝つ方向を向いているならまだしも、コーチや選手の視線は岡田前監督に注がれていた。
 岡田監督の逆鱗に触れないことばかり考え、勝っても負けてもベンチ内はお通夜だった。

■ベンチ内に笑顔

 その呪縛がようやく解けたのかどうか、今年はベンチ内に笑顔が目立つ。野手同士が投手の攻略法を話し合うなど、内部に活気が出てきた。

 勝ち試合に出る「監督賞」も大きい。選手はもちろん、裏方にも金一封が出るシステム自体に変化はないとはいえ、それもAクラスにいることが条件とか。ヨーイドンで負けが込む例年は効果なしでも、スタートダッシュに成功した今年は裏方さんたちもホクホクらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る