• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリックス 貯金18の快進撃支える「脱・岡田」と「金一封」

 17日現在、貯金18は12球団でダントツ、交流戦でも首位・巨人に肉薄しているのがオリックスだ。
 メンバー自体はペーニャと李大浩が入れ替わった程度で、昨年と大差ない。大きく変わったのはベンチの雰囲気とカネだという。

 昨年までは岡田彰布前監督時代のムードを引きずっていた。岡田前監督時代、試合中のベンチは常にピリピリ。勝つ方向を向いているならまだしも、コーチや選手の視線は岡田前監督に注がれていた。
 岡田監督の逆鱗に触れないことばかり考え、勝っても負けてもベンチ内はお通夜だった。

■ベンチ内に笑顔

 その呪縛がようやく解けたのかどうか、今年はベンチ内に笑顔が目立つ。野手同士が投手の攻略法を話し合うなど、内部に活気が出てきた。

 勝ち試合に出る「監督賞」も大きい。選手はもちろん、裏方にも金一封が出るシステム自体に変化はないとはいえ、それもAクラスにいることが条件とか。ヨーイドンで負けが込む例年は効果なしでも、スタートダッシュに成功した今年は裏方さんたちもホクホクらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る