• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリックス 首位争いよりナインが気にする「ドン」の去就

 16日の首位・ソフトバンクとの一戦でも先制されながら逆転勝ちしたオリックス。ゲーム差「0.5」でソフトバンクに食らいついている。

 シーズン前、評論家やOBの順位予想は最下位がほとんど。それが今や堂々の首位争い。球団はさぞ笑いが止まらないと思いきや、むしろチーム全体に危機感が漂っているという。原因は5月初めに明らかになった宮内義彦会長兼グループ最高経営責任者(78)の経営トップからの退任だ。

 89年の球団買収以来、当然のことながら球団にも絶大な影響力を保持してきた。そんな球団の後ろ盾でもあった総帥が6月に退任する。しかも、ここ数年Bクラス続きの球団に厳しい目を向けているといわれる井上亮社長(61)が本社トップに就任する。球団全体に緊迫ムードが漂うのも当然だろう。

「当面は宮内さんが球団オーナーを続けるのですが、宮内さんはもうすぐ80歳。健康状態を考えても、オーナーを続けられるのはあと数年です。その後もチームが低迷するようなら、それこそ球団存続が危ぶまれる。そんな危機感を選手も感じているからこそ目の色が変わっているのです」とはチーム関係者。

「総帥退任効果」があるとなれば、まだまだオリックスの奮闘は続くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る