• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人に大敗8失点…強者相手に問われるオリックスと西の真価

「ここまでが出来過ぎだと思わないと。もっと勝負どころできちんとした野球をやらないと、いけない部分もある」

 オリックスの球団関係者が17日の巨人戦前、こんなことを言っていた。パの首位を快走し、交流戦も2位をキープ。優勝も見えてきた。しかし前年は5位で、直近では5年連続Bクラスに低迷していた。“慢心”は禁物ということだろう。

 予感的中というか、この日は先発の西が今季最短となる五回途中6失点でKO。調子も万全ではなかったが、ここまでリーグトップの9勝、防御率1.08の成績を残していた右腕が、6連勝中で好調な巨人打線のエジキになった。

「3点を取られた四回は、無死一塁で阿部の中飛を遊撃の安達が中堅まで深追いしてお見合い。ポテンヒットになった。不運な安打だったとはいえ、そこから立ち直れなかった。西は結果を残しているとはいえ、今季は裏ローテで回ってきた。表ローテに回った交流戦で3敗目を喫しているのは、まだ勝負どころでの制球に甘さがあるからでしょう。四回、長野に2点三塁打を浴びたのは、高めに浮いたスライダーでした」(ネット裏で視察したスコアラー)

 西は試合後、「申し訳ないです」とうなだれた。打線も沈黙。終わって見れば0-8の大敗だ。交流戦の優勝を争う巨人との直接対決。少なからず重圧もあったにせよ、強いチーム相手でモロさが出たともいえる。森脇監督は「負け試合が無駄にならないように」と前を向いた。大敗がいい薬になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る