首位オリックス 快進撃の源は「リストラ集団」の雑草魂

公開日: 更新日:

 オリックスの勢いが止まらない。
 30日のソフトバンク戦も初回に先制点を奪うと、その後もT-岡田、鉄平の本塁打で加点。投げては先発・井川を含めた投手陣が最少失点に抑える好投を見せ、5連勝のチームは球団史上最多となる4月18勝をマークした。

 オフに大した補強をしなかったオリックスは、野球評論家やOBの大半にBクラスと予想された。そんなチームが連日のように横綱相撲。原動力の一つになっているのが「クビ」だ。

 この日の先発メンバーが象徴的だった。

 1番・ヘルマンは昨オフ、西武から自由契約。2番・平野恵、3番・糸井は2年前に阪神、日本ハムから追われるようにしてオリックスに加入した。4番・ペーニャも昨オフ、ソフトバンクをクビになって新天地に。5番・T-岡田、6番・坂口はチームの数少ない生え抜き選手とはいっても、近年はケガもあり不振。トレード要員にあがるほど精彩を欠いていた。7番・鉄平、8番・原拓もそれぞれ楽天、西武から居場所を求めてやってきた身だ。そこに投手陣ではヤンキースで三くだり半を突きつけられた先発・井川、同様にソフトバンクに捨てられた中継ぎ・馬原が加わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る