首位オリックス 快進撃の源は「リストラ集団」の雑草魂

公開日:  更新日:

 オリックスの勢いが止まらない。
 30日のソフトバンク戦も初回に先制点を奪うと、その後もT-岡田、鉄平の本塁打で加点。投げては先発・井川を含めた投手陣が最少失点に抑える好投を見せ、5連勝のチームは球団史上最多となる4月18勝をマークした。

 オフに大した補強をしなかったオリックスは、野球評論家やOBの大半にBクラスと予想された。そんなチームが連日のように横綱相撲。原動力の一つになっているのが「クビ」だ。

 この日の先発メンバーが象徴的だった。

 1番・ヘルマンは昨オフ、西武から自由契約。2番・平野恵、3番・糸井は2年前に阪神、日本ハムから追われるようにしてオリックスに加入した。4番・ペーニャも昨オフ、ソフトバンクをクビになって新天地に。5番・T-岡田、6番・坂口はチームの数少ない生え抜き選手とはいっても、近年はケガもあり不振。トレード要員にあがるほど精彩を欠いていた。7番・鉄平、8番・原拓もそれぞれ楽天、西武から居場所を求めてやってきた身だ。そこに投手陣ではヤンキースで三くだり半を突きつけられた先発・井川、同様にソフトバンクに捨てられた中継ぎ・馬原が加わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る