打順変わり続ける巨人 58通り目「新オーダー」も零封負け

公開日: 更新日:

 2位阪神との後半戦開幕戦で巨人が零封負けを食らった。

 21日、敵地・甲子園に乗り込んだ巨人の原辰徳監督(56)は、長野を11年9月20日以来の4番に起用。81試合で58通り目の新オーダーはしかし、機能しなかった。

 阪神先発の岩田に8回無得点。8回3失点の沢村を援護できなかった巨人は、岩田に1週間前の13日に東京ドームで負けたばかりだ。

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)は「同じ投手に続けて抑えられるような淡泊なゲームが今年は目立つ」と、こう続ける。

「58通りというと、選手はほぼ毎日打順が変わる感覚だろう。『1番といっても最初に立つのは1打席目だけ』と言う人がよくいるが、それは違う。1番には1番の、クリーンアップにはクリーンアップの役割がある。下位打線なら、スクイズのサインが出ることを想定する打席でも、4番ならフリーに打って走者をかえそうと思う。打席に入る前の心構えが百八十度違う。これが日替わりなら難しいのは当然。打線に粘りがなく、この日のようにつながらない試合も多くなる。もう後半戦。ある程度固定して、どっしりと構えて戦わないと、セ・リーグはもっと混戦になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る