エース能見抹消 阪神が画策するオリとの駆け込みトレード

公開日: 更新日:

「狙いはオリックスでしょうね」
 某阪神OBがこう言った。7月末に期限が迫るトレードについて、阪神とオリックスとの間で話がまとまる可能性があるというのだ。

「オリックスが投手で一商売しようと考えているそうです。金子、西、ディクソンの先発ローテに、大卒2年目左腕の松葉が5勝を挙げてこれに加わった。中継ぎも馬原、佐藤、平野の勝利の方程式は盤石。二軍には“余剰要員”が少なくない。平井、東野、小松は実績があるし、中でも左腕の八木は二軍で5勝1敗、防御率2・42(3日現在)と好成績ながら、一軍登板はわずか1試合。他球団なら一軍ローテに入っても不思議じゃない。投手不足に悩む阪神が目をつけている」

 勝率5割で3位の阪神が再び優勝争いに加わるためには、リーグ4位のチーム防御率3・96からの底上げが必須。中継ぎ補強の一環で米国帰りの建山を獲得したが、6月29日の中日戦で、エース左腕の能見が三回途中9失点KO。翌日、左脇腹の違和感で登録抹消されるなど、不安は募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る