エース能見抹消 阪神が画策するオリとの駆け込みトレード

公開日:  更新日:

「狙いはオリックスでしょうね」
 某阪神OBがこう言った。7月末に期限が迫るトレードについて、阪神とオリックスとの間で話がまとまる可能性があるというのだ。

「オリックスが投手で一商売しようと考えているそうです。金子、西、ディクソンの先発ローテに、大卒2年目左腕の松葉が5勝を挙げてこれに加わった。中継ぎも馬原、佐藤、平野の勝利の方程式は盤石。二軍には“余剰要員”が少なくない。平井、東野、小松は実績があるし、中でも左腕の八木は二軍で5勝1敗、防御率2・42(3日現在)と好成績ながら、一軍登板はわずか1試合。他球団なら一軍ローテに入っても不思議じゃない。投手不足に悩む阪神が目をつけている」

 勝率5割で3位の阪神が再び優勝争いに加わるためには、リーグ4位のチーム防御率3・96からの底上げが必須。中継ぎ補強の一環で米国帰りの建山を獲得したが、6月29日の中日戦で、エース左腕の能見が三回途中9失点KO。翌日、左脇腹の違和感で登録抹消されるなど、不安は募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る