プロ初スタメンマスク西武・森に「新人捕手に見えない」の声

公開日: 更新日:

「ベテランとは言わないけど、新人という雰囲気じゃありませんね」

 こう言ってうなったのが、かつて阪神で大卒1年目から正捕手を務めた解説の田淵幸一氏だ。

 1日の楽天戦で、西武の高卒ルーキー、森友哉(18)がプロ入り初のスタメンマスクをかぶった。荒れ球の先発藤原をリードし、三回まで無失点。四回には連続四球で招いた1死一、二塁のピンチで、ボウカーを併殺に仕留めた。その場面を田淵氏はこう解説していた。

「投手の調子が良くないとき、捕手はどうリードするのかも大事になる。この場合は真ん中付近に構え、ボールがその周りに散るのがいい。少し(コースが)ずれても、打者は打ち損じてしまいますからね」

 その言葉通り、藤原が投げたのは森の構えより少し外角に外れたシュート。ボウカーはこれをバットの先で引っ掛け、遊ゴロ併殺に倒れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る