日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ初スタメンマスク西武・森に「新人捕手に見えない」の声

「ベテランとは言わないけど、新人という雰囲気じゃありませんね」

 こう言ってうなったのが、かつて阪神で大卒1年目から正捕手を務めた解説の田淵幸一氏だ。

 1日の楽天戦で、西武の高卒ルーキー、森友哉(18)がプロ入り初のスタメンマスクをかぶった。荒れ球の先発藤原をリードし、三回まで無失点。四回には連続四球で招いた1死一、二塁のピンチで、ボウカーを併殺に仕留めた。その場面を田淵氏はこう解説していた。

「投手の調子が良くないとき、捕手はどうリードするのかも大事になる。この場合は真ん中付近に構え、ボールがその周りに散るのがいい。少し(コースが)ずれても、打者は打ち損じてしまいますからね」

 その言葉通り、藤原が投げたのは森の構えより少し外角に外れたシュート。ボウカーはこれをバットの先で引っ掛け、遊ゴロ併殺に倒れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事