術後復帰3戦目で再発 「ウッズは腰痛を繰り返す」と専門家

公開日:  更新日:

 あのガッツポーズは二度と見られないのか。男子ゴルフ世界選手権のブリヂストン招待最終日、ディフェンディングチャンピオンのT・ウッズが9番ホールの第1打を打った直後に棄権した。

 ウッズは3月のキャデラック選手権最終日に持病の腰痛が再発。同月末に腰椎椎間板除去手術を行い、フルスイングができるようになったのは6月中旬。復帰初戦のクイックン・ローンズ・ナショナルは予選落ち。次戦の全英オープンも69位と大苦戦。3戦目の今大会も、最終日は首位に15打差の36位発進。2番のフェアウエーバンカーの縁という傾斜のきついライから無理な姿勢で打ったのが悪かった。直後に勢い余ってバンカー内に落ちた際、背中と腰の痛みが再発したという。

 腰椎椎間板ヘルニアは手術しても、下半身の痛みやしびれ、麻痺などは7割程度しか軽減されないといわれている。ツアー関係者の間では「腰に爆弾を抱えるウッズに全盛期のゴルフはできない」との声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る