• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

術後復帰3戦目で再発 「ウッズは腰痛を繰り返す」と専門家

 あのガッツポーズは二度と見られないのか。男子ゴルフ世界選手権のブリヂストン招待最終日、ディフェンディングチャンピオンのT・ウッズが9番ホールの第1打を打った直後に棄権した。

 ウッズは3月のキャデラック選手権最終日に持病の腰痛が再発。同月末に腰椎椎間板除去手術を行い、フルスイングができるようになったのは6月中旬。復帰初戦のクイックン・ローンズ・ナショナルは予選落ち。次戦の全英オープンも69位と大苦戦。3戦目の今大会も、最終日は首位に15打差の36位発進。2番のフェアウエーバンカーの縁という傾斜のきついライから無理な姿勢で打ったのが悪かった。直後に勢い余ってバンカー内に落ちた際、背中と腰の痛みが再発したという。

 腰椎椎間板ヘルニアは手術しても、下半身の痛みやしびれ、麻痺などは7割程度しか軽減されないといわれている。ツアー関係者の間では「腰に爆弾を抱えるウッズに全盛期のゴルフはできない」との声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る