客足ダウン…日ハム大谷でも埋められない糸井の穴

公開日: 更新日:

 プロ野球でいま、最も注目の選手といえば日本ハム大谷翔平(20)。

 マウンドに登れば160キロの剛速球で9勝をマーク。登板の合間は打者としてチームの中軸を務めている(5本塁打、23打点)。話題の二刀流選手が2年目で覚醒したというのに、それがなぜか球場の観客動員数に反映されない。

 今季、主催試合の観客動員数は47試合で116万283人。1試合平均2万4687人で、昨季の2万5773人、一昨年の2万5813人を下回っている(数字はいずれも7日現在)。最大の注目選手がいるのに客が減っているのはどういうわけか。

「大谷は十分、観客動員に貢献しているが、それ以上のマイナス要因があるのです」と、担当記者のひとりがこう解説する。

「糸井ですよ。札幌ドームは球場が広く、外野手のダイビングキャッチとか、レーザービーム送球とか、ダイナミックなプレーがスタンドのファンをひきつける。そういう意味で連日、迫力満点のプレーをしていた糸井を一昨年オフ、オリックスに放出したことが結果として響いている。少なくとも日本ハムのフロントはそう見ていると聞きました」

 野手の糸井はケガでもしない限り、球場に足を運べば必ずプレーを見ることができる。そこへいくと大谷が投げるのは週に1回、しかも本拠地で投げるとは限らない。打者としての出場も不定期だ。そんな背景もあって、いくら160キロを連発しても、集客力には限界があるというのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る