「4四球」「93球」が証明した日ハム大谷の貪欲な“進化”

公開日: 更新日:

 この程度で満足しているわけにはいかない。

 日本ハム大谷翔平(20)が16日の西武戦に登板。5回3安打無失点に抑えてリーグ2位の9勝目(1敗)を挙げたものの、今季最多タイの4四球。93球を投げた時点で降板したのは、18日から始まるオールスターに出場することを踏まえて、首脳陣が配慮したからだろう。

 厚沢投手コーチは「(試合前の)ブルペンはびっくるするほど悪かった。いわゆる“横振り”という状態で投げていた」と話していた。それでは制球が悪いのも納得――。と言いたいところだが、球数と四球が多かったのは状態の悪さだけではなさそうだ。

■さらに上を目指す貪欲

「(コースを)狙いすぎて四球も多かったですし、球数が増えてリズムに乗り切れなかったですね」


 とは降板後の大谷の弁。そもそも大谷はコースを突かなくても、打者を打ち取れるだけの球威と球速を兼ね備えている。ましてオールスターを控えて早めの降板がわかっているなら、ストライクゾーン周辺にガンガン投げ込んで打ち取った方が、球数も節約できたはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る