「4四球」「93球」が証明した日ハム大谷の貪欲な“進化”

公開日:  更新日:

 この程度で満足しているわけにはいかない。

 日本ハムの大谷翔平(20)が16日の西武戦に登板。5回3安打無失点に抑えてリーグ2位の9勝目(1敗)を挙げたものの、今季最多タイの4四球。93球を投げた時点で降板したのは、18日から始まるオールスターに出場することを踏まえて、首脳陣が配慮したからだろう。

 厚沢投手コーチは「(試合前の)ブルペンはびっくるするほど悪かった。いわゆる“横振り”という状態で投げていた」と話していた。それでは制球が悪いのも納得――。と言いたいところだが、球数と四球が多かったのは状態の悪さだけではなさそうだ。

■さらに上を目指す貪欲

「(コースを)狙いすぎて四球も多かったですし、球数が増えてリズムに乗り切れなかったですね」


 とは降板後の大谷の弁。そもそも大谷はコースを突かなくても、打者を打ち取れるだけの球威と球速を兼ね備えている。ましてオールスターを控えて早めの降板がわかっているなら、ストライクゾーン周辺にガンガン投げ込んで打ち取った方が、球数も節約できたはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る