「4四球」「93球」が証明した日ハム大谷の貪欲な“進化”

公開日:  更新日:

 この程度で満足しているわけにはいかない。

 日本ハムの大谷翔平(20)が16日の西武戦に登板。5回3安打無失点に抑えてリーグ2位の9勝目(1敗)を挙げたものの、今季最多タイの4四球。93球を投げた時点で降板したのは、18日から始まるオールスターに出場することを踏まえて、首脳陣が配慮したからだろう。

 厚沢投手コーチは「(試合前の)ブルペンはびっくるするほど悪かった。いわゆる“横振り”という状態で投げていた」と話していた。それでは制球が悪いのも納得――。と言いたいところだが、球数と四球が多かったのは状態の悪さだけではなさそうだ。

■さらに上を目指す貪欲

「(コースを)狙いすぎて四球も多かったですし、球数が増えてリズムに乗り切れなかったですね」


 とは降板後の大谷の弁。そもそも大谷はコースを突かなくても、打者を打ち取れるだけの球威と球速を兼ね備えている。ましてオールスターを控えて早めの降板がわかっているなら、ストライクゾーン周辺にガンガン投げ込んで打ち取った方が、球数も節約できたはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る