元広島コーチが分析 ヤンキース黒田「衰えない肉体」の秘密

公開日: 更新日:

■黒田の提案で生まれたメニューも

 当時、投手のトレーニングメニューはチューブなどを使ってインナーマッスルを鍛えるのが全盛だった。そんな中、黒田は体幹を重視したトレーニングをいち早く取り入れたという。

「投げていて感覚的に身に付けたものなのか、若い頃から股関節や体の軸を意識して強化していました。私が知る限り、広島での11年間は体幹トレを地道に続けており、これが下地となってメジャーでの活躍につながっているのかもしれません」(石橋氏)

 中でも黒田が重視していたのは回旋という腰の回転運動だ。投げる際にスムーズに体重移動させるために、腰の回転が重要だからだ。

「黒田がやっていたのはあおむけになり、ひざを立てた状態で下半身だけ横にずらして戻す強化運動です。この横にずらした状態で人に押さえられると動かせないのが普通ですが、黒田は簡単に動かしていた。彼の中では一つのチェックポイントになっているようで、登板時にも味方の攻撃中はダッグアウトで股関節のチェックを欠かしたことがなかった」(石橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る