日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現在物件探し中…アギーレ監督「日本の新居」と「家族の素顔」

 日本代表の新指揮官ハビエル・アギーレ(55)は、一緒に来日したシルビア夫人と次男のミケル氏と「六本木の高級ホテルに仮住まい」(マスコミ関係者)しながら住居探しの真っ最中。

 最終的に「ザッケローニ前監督が住んでいたところに落ち着きそうな雲行き。六本木の高級ホテルのすぐ近くにある高級マンション。近所に各国の大使館があり、厳重警戒エリアなのでセキュリティー環境はバッチリです。月額家賃は100万円オーバー」(前出関係者)といわれている。

 記者会見で「仕事を離れたら一般人のように日本社会に溶け込みたい」と話していたが、来日した日の夜から夫人と次男を伴ってホテル近辺を散歩したり、コンビニをハシゴしたり、さっそくの有言実行ぶりである。

■歴代外国人代表監督は全員が「恐妻家」

「アギーレ新監督は、シルビア夫人に頭が上がらず、いわゆる恐妻家ってヤツです。何事もシルビア夫人の意向が最優先される。シルビア夫人の趣味は旅行。オフのたびに京都、奈良、沖縄、北海道と連れ回されるでしょう。あとアギーレ監督は子煩悩で有名です。長男はメキシコで弁護士。三男はメキシコリーグの選手。一緒に来日した次男はスペインの大学でメディア論を学び、卒業後はアギーレ監督がスペイン国内リーグで采配を振ったクラブにアシスタントの肩書でスタッフ入りさせた。日本代表のスタッフの一員になると一部で報道されたが、来日会見終了後、某スポーツ紙記者に直撃された際には『日本での仕事は未定ですが、代表スタッフ入りすることは予定にありません』と完全否定していた」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事