アギーレも勘違い 日本がメキシコを真似できない科学的根拠

公開日: 更新日:

 日本代表のアギーレ監督(55)は11日の就任会見で日本サッカーについての印象を聞かれると、「私の母国、メキシコのプレースタイルと似ている」と言った。

 日本代表の平均身長は177.7センチ(平均体重72.5キロ)。これは32カ国中30番。一方のメキシコは177.3センチ(同70.7キロ)で同31番目。両国選手の体格を比較すると、数字上はほとんど同じだ。

 だが、いくら背格好が似ていても、同じようなサッカーの動きはできない。スポーツ選手の体に詳しい旧ユーゴのナショナルスキーチームコーチだった平山昌弘氏がこう解説する。

「体格が似ていても、骨格や動きが違えば、同じ動きは簡単にはできません。15年ぐらい前だったでしょうか。ゴルフのティーチングプロとして有名なD・レッドベターが来日した時、加瀬秀樹プロに指導する場面を見た。彼は加瀬プロに、大きなボールを両足で挟んだままスイングしろと言った。加瀬プロはボールを両足で押さえるのが精いっぱいでスイングができない。レッドベターは、『君はエルスのように大きな体をしているのに、なぜそんな簡単なことができないのか?』と不思議な顔をする。直後にレッドベターと話をした時、日本人と欧米人の骨格と股関節の可動性の違いについて説明すると、『そんなに違うのか?』と驚いていました」」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る