アギーレも勘違い 日本がメキシコを真似できない科学的根拠

公開日:  更新日:

 日本代表のアギーレ監督(55)は11日の就任会見で日本サッカーについての印象を聞かれると、「私の母国、メキシコのプレースタイルと似ている」と言った。

 日本代表の平均身長は177.7センチ(平均体重72.5キロ)。これは32カ国中30番。一方のメキシコは177.3センチ(同70.7キロ)で同31番目。両国選手の体格を比較すると、数字上はほとんど同じだ。

 だが、いくら背格好が似ていても、同じようなサッカーの動きはできない。スポーツ選手の体に詳しい旧ユーゴのナショナルスキーチームコーチだった平山昌弘氏がこう解説する。

「体格が似ていても、骨格や動きが違えば、同じ動きは簡単にはできません。15年ぐらい前だったでしょうか。ゴルフのティーチングプロとして有名なD・レッドベターが来日した時、加瀬秀樹プロに指導する場面を見た。彼は加瀬プロに、大きなボールを両足で挟んだままスイングしろと言った。加瀬プロはボールを両足で押さえるのが精いっぱいでスイングができない。レッドベターは、『君はエルスのように大きな体をしているのに、なぜそんな簡単なことができないのか?』と不思議な顔をする。直後にレッドベターと話をした時、日本人と欧米人の骨格と股関節の可動性の違いについて説明すると、『そんなに違うのか?』と驚いていました」」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る