• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレも勘違い 日本がメキシコを真似できない科学的根拠

 日本代表のアギーレ監督(55)は11日の就任会見で日本サッカーについての印象を聞かれると、「私の母国、メキシコのプレースタイルと似ている」と言った。

 日本代表の平均身長は177.7センチ(平均体重72.5キロ)。これは32カ国中30番。一方のメキシコは177.3センチ(同70.7キロ)で同31番目。両国選手の体格を比較すると、数字上はほとんど同じだ。

 だが、いくら背格好が似ていても、同じようなサッカーの動きはできない。スポーツ選手の体に詳しい旧ユーゴのナショナルスキーチームコーチだった平山昌弘氏がこう解説する。

「体格が似ていても、骨格や動きが違えば、同じ動きは簡単にはできません。15年ぐらい前だったでしょうか。ゴルフのティーチングプロとして有名なD・レッドベターが来日した時、加瀬秀樹プロに指導する場面を見た。彼は加瀬プロに、大きなボールを両足で挟んだままスイングしろと言った。加瀬プロはボールを両足で押さえるのが精いっぱいでスイングができない。レッドベターは、『君はエルスのように大きな体をしているのに、なぜそんな簡単なことができないのか?』と不思議な顔をする。直後にレッドベターと話をした時、日本人と欧米人の骨格と股関節の可動性の違いについて説明すると、『そんなに違うのか?』と驚いていました」」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る