日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレも勘違い 日本がメキシコを真似できない科学的根拠

 日本代表のアギーレ監督(55)は11日の就任会見で日本サッカーについての印象を聞かれると、「私の母国、メキシコのプレースタイルと似ている」と言った。

 日本代表の平均身長は177.7センチ(平均体重72.5キロ)。これは32カ国中30番。一方のメキシコは177.3センチ(同70.7キロ)で同31番目。両国選手の体格を比較すると、数字上はほとんど同じだ。

 だが、いくら背格好が似ていても、同じようなサッカーの動きはできない。スポーツ選手の体に詳しい旧ユーゴのナショナルスキーチームコーチだった平山昌弘氏がこう解説する。

「体格が似ていても、骨格や動きが違えば、同じ動きは簡単にはできません。15年ぐらい前だったでしょうか。ゴルフのティーチングプロとして有名なD・レッドベターが来日した時、加瀬秀樹プロに指導する場面を見た。彼は加瀬プロに、大きなボールを両足で挟んだままスイングしろと言った。加瀬プロはボールを両足で押さえるのが精いっぱいでスイングができない。レッドベターは、『君はエルスのように大きな体をしているのに、なぜそんな簡単なことができないのか?』と不思議な顔をする。直後にレッドベターと話をした時、日本人と欧米人の骨格と股関節の可動性の違いについて説明すると、『そんなに違うのか?』と驚いていました」」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事