日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

就任会見から見えた アギーレの「戦力外」と「呼びたい選手」

 日本代表の新指揮官ハビエル・アギーレ(55)は11日の就任記者会見で、「自分のサッカー哲学はシンプル。まずは守備を固める。選手全員がたくさん走り、良いプレーをし、そして勝利を目指す」とコメントした。続けて、今後の選手選考、起用法などについて明確な意思表示を行った。

 選手選考に関して「将来性のある選手」と断言。「チームのために献身的にプレーする選手」「守備はDF任せではいけない。FWにもMFにも要求する」「守備はボールを奪うことが重要」「DFにはボールを奪った後に的確に攻撃につなげることを求める」などを加えた。

■「攻守のバランス」と「将来性」で外れる4選手

 来日会見語録から「アギーレ・ジャパン」が、どんなチーム構成になるのか? サッカーライターの平野史氏は「ザック・ジャパンで大黒柱だったMFの本田圭佑(28)は厳しい」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事