アギーレ監督ついに就任 サッカー日本代表再建への“本気度”

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表の新監督、ハビエル・アギーレ(55)が11日、羽田空港に到着。都内のホテルで就任会見に臨んだ。

「みなさん、こんにちは。日本代表監督に声を掛けてもらったことを、大変名誉に思う」と挨拶するも、アギーレは硬い表情。「すばらしい選手がいるすばらしい国で代表監督をやることを嬉しく思う」「五輪を含むユース世代の育成にも興味を持っている」などと、スペイン語で意気込みを語った。

 選手選考の基準については、「代表チームに入ることに意欲的な選手」「個人よりチームとしてプレーし、試合に貢献できる選手だ」と語った。

 システムについては、「ベースは4-3-3と考えている」と考えを示し、「試合の状況によって5-2-3に変化することもあるし、他の形にも進化する。システムは柔軟に使っていこうと思う。選手の状況、試合の展開によって変えていきたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る