日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ監督ついに就任 サッカー日本代表再建への“本気度”

 サッカー日本代表の新監督、ハビエル・アギーレ(55)が11日、羽田空港に到着。都内のホテルで就任会見に臨んだ。

「みなさん、こんにちは。日本代表監督に声を掛けてもらったことを、大変名誉に思う」と挨拶するも、アギーレは硬い表情。「すばらしい選手がいるすばらしい国で代表監督をやることを嬉しく思う」「五輪を含むユース世代の育成にも興味を持っている」などと、スペイン語で意気込みを語った。

 選手選考の基準については、「代表チームに入ることに意欲的な選手」「個人よりチームとしてプレーし、試合に貢献できる選手だ」と語った。

 システムについては、「ベースは4-3-3と考えている」と考えを示し、「試合の状況によって5-2-3に変化することもあるし、他の形にも進化する。システムは柔軟に使っていこうと思う。選手の状況、試合の展開によって変えていきたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事