アギーレ監督ついに就任 サッカー日本代表再建への“本気度”

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表の新監督、ハビエル・アギーレ(55)が11日、羽田空港に到着。都内のホテルで就任会見に臨んだ。

「みなさん、こんにちは。日本代表監督に声を掛けてもらったことを、大変名誉に思う」と挨拶するも、アギーレは硬い表情。「すばらしい選手がいるすばらしい国で代表監督をやることを嬉しく思う」「五輪を含むユース世代の育成にも興味を持っている」などと、スペイン語で意気込みを語った。

 選手選考の基準については、「代表チームに入ることに意欲的な選手」「個人よりチームとしてプレーし、試合に貢献できる選手だ」と語った。

 システムについては、「ベースは4-3-3と考えている」と考えを示し、「試合の状況によって5-2-3に変化することもあるし、他の形にも進化する。システムは柔軟に使っていこうと思う。選手の状況、試合の展開によって変えていきたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る