村田が一塁へ? 原監督が手を出しそうな“守備位置イジり”

公開日:  更新日:

 まさかの大逆転負けを食らった。

 17日の広島戦。左腕リリーフエースの山口が4-2の八回2死走者なしから、死球を挟み4連打を食らって3失点。これで2位阪神とは1・5、3位広島にも3ゲーム差に詰め寄られた。「うちのパターンの中でこういう結果になったということ」とムッツリだった原監督が、またぞろおかしくなりそうな敗戦である。

 打順は1番・長野、3番・坂本、4番・阿部などの中軸がやっと固定されつつあるものの、不機嫌な指揮官の“標的”になりそうなのが、前日の6番から7番に打順が降格した村田修一(33)だ。

 巨人は二回、村田の後の8番・実松からの5連打で3点を先制したが、4タコの村田は完全にカヤの外。広島との3連戦で10打数1安打と精彩を欠き、そのうえ走者を置いた場面で12打席無安打という勝負弱さが、指揮官の逆鱗に触れているという。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る