部員ボコボコにして逮捕 名門野球部監督の“輝かしい球歴”

公開日: 更新日:

 高校野球たけなわの折も折、名門野球部の監督が31日、逮捕された。

 捕まったのは、愛知県にある私立豊田大谷高校の川上貴史容疑者(33)。部員を殴り、重傷を負わせた容疑である。愛知県警豊田署によると、川上容疑者は昨年7月19日、グラウンドでの練習中に、当時1年生だった男子部員が疲れて座り込んだことを注意した際、頭と頬を殴った上、脇腹や脚を蹴り、肋骨を折るケガを負わせたという。

 高校野球部の“愛のむち”はよく問題になるが、逮捕されるのは珍しい。部員が警察に相談したのだ。

■氷山の一角

 川上容疑者は同校のOBで、98年の夏の甲子園に出場、4強に進出し、好打者の一塁手としてならした。
 一方で、2012年秋の監督就任後の成績は振るわず、今年も県大会4回戦で敗退した。ふがいない部員にブチ切れたのだろうが、高校野球での暴力の実態はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る