部員ボコボコにして逮捕 名門野球部監督の“輝かしい球歴”

公開日: 更新日:

 高校野球たけなわの折も折、名門野球部の監督が31日、逮捕された。

 捕まったのは、愛知県にある私立豊田大谷高校の川上貴史容疑者(33)。部員を殴り、重傷を負わせた容疑である。愛知県警豊田署によると、川上容疑者は昨年7月19日、グラウンドでの練習中に、当時1年生だった男子部員が疲れて座り込んだことを注意した際、頭と頬を殴った上、脇腹や脚を蹴り、肋骨を折るケガを負わせたという。

 高校野球部の“愛のむち”はよく問題になるが、逮捕されるのは珍しい。部員が警察に相談したのだ。

■氷山の一角

 川上容疑者は同校のOBで、98年の夏の甲子園に出場、4強に進出し、好打者の一塁手としてならした。
 一方で、2012年秋の監督就任後の成績は振るわず、今年も県大会4回戦で敗退した。ふがいない部員にブチ切れたのだろうが、高校野球での暴力の実態はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る