• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

部員ボコボコにして逮捕 名門野球部監督の“輝かしい球歴”

 高校野球たけなわの折も折、名門野球部の監督が31日、逮捕された。

 捕まったのは、愛知県にある私立豊田大谷高校の川上貴史容疑者(33)。部員を殴り、重傷を負わせた容疑である。愛知県警豊田署によると、川上容疑者は昨年7月19日、グラウンドでの練習中に、当時1年生だった男子部員が疲れて座り込んだことを注意した際、頭と頬を殴った上、脇腹や脚を蹴り、肋骨を折るケガを負わせたという。

 高校野球部の“愛のむち”はよく問題になるが、逮捕されるのは珍しい。部員が警察に相談したのだ。

■氷山の一角

 川上容疑者は同校のOBで、98年の夏の甲子園に出場、4強に進出し、好打者の一塁手としてならした。
 一方で、2012年秋の監督就任後の成績は振るわず、今年も県大会4回戦で敗退した。ふがいない部員にブチ切れたのだろうが、高校野球での暴力の実態はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る