日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

SGDをつけてプレーするとスコアが確実に良くなる!!

「ドライバー・イズ・ショー」「パット・イズ・マネー」という格言が示すように、スコアに一番影響を与えるのはパットだといわれている。1メートルのパットを外せば、確実に1ストローク失うが、ドライバーショットが1メートル左右にそれても、スコアを1打失うことにはならないからだ。

 ただし、ドライバーショット(ティーショット)で大きなミスをすると、確実にスコアは悪くなる。OBや池ポチャをすれば罰打を付加されるし、林の中や、深いラフやバンカーに打ち込めば、次のショットの難易度が上がってスコアメークしづらくなるからである。

 では、どんなふうに分析すれば、ティーショットでスコアを稼げるのか? 前回紹介した、SGD(strokes gained driving)が役に立つ。SGDのスコアは野球に例えると打率のようなもので、アマチュアの場合は、いかにティーショットでスコアを浪費しているか数値化される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事