夏の甲子園 スカウトがドラフト候補に挙げた“掘り出し物”

公開日: 更新日:

「ダントツの1位候補は正直言っていません。2位までに消えるのは数人ですし、あとはみんな大学進学だっていいますからね」

 こう言うのは、ネット裏にいたあるプロ球団のスカウト部長だ。その中で「外れ1位」という評価が多かったのが松本裕樹(盛岡大付、投手、183センチ、80キロ、右投左打)。対東海大相模戦での3失点完投勝利に「右肘の状態はあまりよくないと聞いていたが、ピンチになっても動じないのはプロ向き」(巨人・山下スカウト部長)、「スライダー、カッターでバットの芯やタイミングを外したり、駆け引きができる投手。十分に1位候補」(楽天・早川スカウトグループマネジャー)と各球団は絶賛の嵐だったが、岩手大会決勝で右肘靭帯を痛めた後遺症が懸念される。

「手先が器用で悪いなりにも微調整がきくが、肘を痛めたのは下半身を使った体重移動で投げ切れていないことにも原因があると見ている。そもそも投げ込みで体をつくってきたタイプではないし……」とは、在京球団の東北地区担当スカウト。肘の状態次第では、上位指名を回避する球団も出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る