敗退より見納めで騒然 八戸学院の“美人過ぎるマネジャー”

公開日: 更新日:

 22日の甲子園の準々決勝で、敦賀気比(福井)に7─2で敗れた八戸学院光星(青森)。思わぬ大差に球児らは肩を落としていたが、それ以上に高校野球ファンから「残念」とため息が漏れたのが、八戸学院の“美人過ぎる女子マネジャー”こと、鈴木和奏さんの姿が見納めになったことだ。

 日焼けした顔にクリリとした大きな瞳、笑顔にのぞく白い歯─―。女優の満島ひかりを連想させる正統派の美人だ。
 八戸学院が初戦に登場した途端、あっという間にネットで話題沸騰。専用サイトが開設され、「可愛すぎる」「こんな娘がベンチで声援を送ってくれたら必ず打つ」と“祭り”状態になった。

「彼女は現在3年生。試合前には部員一人一人をかたどったぬいぐるみを徹夜で作るなど、マネジャーの仕事を懸命にこなしています。後輩の面倒見もよく、とってもマジメな娘です」(八戸学院関係者)

 試合終了後、悔し涙を浮かべながらグラウンドを後にした鈴木さん。選手たちにとっては、まさに女神だったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”