敗退より見納めで騒然 八戸学院の“美人過ぎるマネジャー”

公開日: 更新日:

 22日の甲子園の準々決勝で、敦賀気比(福井)に7─2で敗れた八戸学院光星(青森)。思わぬ大差に球児らは肩を落としていたが、それ以上に高校野球ファンから「残念」とため息が漏れたのが、八戸学院の“美人過ぎる女子マネジャー”こと、鈴木和奏さんの姿が見納めになったことだ。

 日焼けした顔にクリリとした大きな瞳、笑顔にのぞく白い歯─―。女優の満島ひかりを連想させる正統派の美人だ。
 八戸学院が初戦に登場した途端、あっという間にネットで話題沸騰。専用サイトが開設され、「可愛すぎる」「こんな娘がベンチで声援を送ってくれたら必ず打つ」と“祭り”状態になった。

「彼女は現在3年生。試合前には部員一人一人をかたどったぬいぐるみを徹夜で作るなど、マネジャーの仕事を懸命にこなしています。後輩の面倒見もよく、とってもマジメな娘です」(八戸学院関係者)

 試合終了後、悔し涙を浮かべながらグラウンドを後にした鈴木さん。選手たちにとっては、まさに女神だったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る