日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪桐蔭・西谷監督が明かした“日本一のスカウティング”

「うちはスター不在」

 大阪桐蔭の西谷浩一監督(44)は、今年の優勝メンバーについてこう言っていた。一昨年は藤浪晋太郎(現阪神)、森友哉(現西武)のバッテリーで春夏連覇。彼らのような飛び抜けた逸材は確かにいないものの、プロ、アマ関係者が「大阪桐蔭のスカウティングは日本一」と口を揃えるように、他校がうらやむタレント集団であることは間違いない。

 優勝投手になったエースの福島孝輔(3年)は福岡出身。飯塚ライジングスターボーイズでは捕手だった。同じチームには同級生の高浜祐仁(横浜高)がいた。西谷監督は福島が試合で投手として投げる姿に将来性を感じ、横浜高をはじめ、他校が捕手として誘う中、投手として“オファー”した。

「スライダーに光るものがあった。少し肘を下げて投げれば、スライダーにもっとキレが出てくるなと。『投手として育てたい』と声を掛けさせてもらった」(西谷監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事