大阪桐蔭・西谷監督が明かした“日本一のスカウティング”

公開日:  更新日:

「うちはスター不在」

 大阪桐蔭の西谷浩一監督(44)は、今年の優勝メンバーについてこう言っていた。一昨年は藤浪晋太郎(現阪神)、森友哉(現西武)のバッテリーで春夏連覇。彼らのような飛び抜けた逸材は確かにいないものの、プロ、アマ関係者が「大阪桐蔭のスカウティングは日本一」と口を揃えるように、他校がうらやむタレント集団であることは間違いない。

 優勝投手になったエースの福島孝輔(3年)は福岡出身。飯塚ライジングスターボーイズでは捕手だった。同じチームには同級生の高浜祐仁(横浜高)がいた。西谷監督は福島が試合で投手として投げる姿に将来性を感じ、横浜高をはじめ、他校が捕手として誘う中、投手として“オファー”した。

「スライダーに光るものがあった。少し肘を下げて投げれば、スライダーにもっとキレが出てくるなと。『投手として育てたい』と声を掛けさせてもらった」(西谷監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る