フェルプスに競り勝ち2冠も 競泳・萩野の課題浮き彫りに

公開日: 更新日:

 男子競泳のエースにしては物足りない結果に終わった。パンパシフィック水泳(豪州・ゴールドコースト)で金メダル量産が期待された萩野公介(20=東洋大)のことだ。

 最終日の24日は200メートル個人メドレー決勝で同種目五輪3連覇中のマイケル・フェルプス(米国)に競り勝ち、1分56秒02で優勝。これで今大会は6種目に出場し、金2個銀2個のメダルを獲得した。2冠を手にしたものの、3日目(23日)には400メートル自由形で2位に入りながら、直後に行われた200メートル背泳ぎでは8位に終わり、全種目でのメダル獲得はならなかった。

 この大会は米国、カナダ、豪州、日本などの太平洋に面した競泳の強豪国によって争われる。世界のトップスイマーが集う大会で、萩野の課題があらためてハッキリした。

 今回、萩野は3日で6種目をこなした。今年に入って行った米国での2度の高地トレーニングが功を奏し、複数種目に出場してもスタミナに不安がないことは証明した。 しかし、複数種目を制するために最も重要なのは精神面と指摘する競泳関係者は少なくない。生真面目過ぎる性格がアダになりかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る